« 《ようこそ、大統領!》 | トップページ | 《ミエーレ》 »

2014年5月 4日 (日)

《サルヴォ》

ファビオ・グラッサドニア、アントニオ・ピアッツァ監督の《サルヴォ》を観た(イタリア映画祭、有楽町・朝日ホール)。

マフィアの冷徹なヒットマンが、ふとしたきっかけで、敵の盲目の妹に惹かれてしまう。冒頭の場面は、撃ち合いがあるが、物語の中心はむしろ、もともとは敵対するはずの2人の逆説的な交流。ハードボイルドな恋愛映画と言えよう。画面は、独特で、説明的ではなく、主人公の行為が見えない場面や、光量がぎりぎりまで落としてあってよく見えない画面も多い。それが想像力を刺激する仕組みである。

サルヴォという若いヒットマンも、盲目の若い女性も、独特の存在感、表情が素晴らしい。

|

« 《ようこそ、大統領!》 | トップページ | 《ミエーレ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/59582221

この記事へのトラックバック一覧です: 《サルヴォ》:

« 《ようこそ、大統領!》 | トップページ | 《ミエーレ》 »