« 無用のエルネスト | トップページ | 『フェデリコという不思議な存在』 »

2014年4月26日 (土)

マスネ《ウェルテル》

マスネ作曲《ウェルテル》を観た(ライブビューイング)。

マスネは曲によってスタイルが変わるが、まぎれもなくフランスオペラの持つ味わいがある。
第一幕はウェルテルとシャルロットが知り合うきっかけを、かなり丁寧に描いていて、イタリアオペラであれば、かなりはしょってしまうだろうというくらいに展開はゆっくりしている。
しかし後半、ウェルテルとシャルロットの関係は劇的に緊張度が増す。シャルロットは人妻となっているわけだが、心は揺れる。しかしウェルテルの気持ちには応えられない。その結果、ウェルテルは絶望して死んでいくわけである。
カウフマン(ウェルテル)とコッシュ(シャルロット)はそのドラマを見応え十分に演じていたと思う。カウフマンの声質がマスネにあっているかと言われれば、最高度にあっているとは言いがたいであろうが、演技としてみると声の問題はさほど気にならなくなってくる。リチャード・エアの演出もかなりオーソドックスでストーリー展開がすっきりのみこみやすいものであった。

|

« 無用のエルネスト | トップページ | 『フェデリコという不思議な存在』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/59535052

この記事へのトラックバック一覧です: マスネ《ウェルテル》:

« 無用のエルネスト | トップページ | 『フェデリコという不思議な存在』 »