« 《存在しない南》 | トップページ | 《多様な目》 »

2014年4月28日 (月)

《南部のささやかな商売》

ロッコ・パパレオ監督の《南部のささやかな商売》を観た(イタリア映画祭、有楽町・朝日ホール)。

ロッコ・パパレオ監督が上映の前後に挨拶と質疑応答をした。
パパレオ監督自身は、神父役、いや元神父役を演じている。元神父というのは、このこすタランティーノという男が、神父であったのに、女性を恋して聖職を捨ててしまったからだ。故郷に帰ってみると、妹夫婦が破綻している。
妹は愛人と逃げた。現在は中国にいるという話だ。その妹の元夫がアルトゥーロ(リッカルド・スカマルチョ)で、寝取られ男と近所の子どもにまでバカにされる。
妹の愛人は実は女性である。実は元神父の実家のお手伝いさんだ。そしてその姉が売春婦(バルボラ・ボブローヴァ)という設定で、これは明らかにカトリック教会および保守派がまゆをひそめるような状況および登場人物ばかりの映画だ。
ひょんなことから彼らとその保守的な母親が一緒に海際の灯台のある建物で暮らし、そこをホテルに改造するという話がもちあがる。
女性同士の同性婚がこれほど正面から取り上げられた映画はきわめて珍しいと思う。監督も質疑応答のなかで革命という言葉を使っていた。

|

« 《存在しない南》 | トップページ | 《多様な目》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/59548123

この記事へのトラックバック一覧です: 《南部のささやかな商売》:

« 《存在しない南》 | トップページ | 《多様な目》 »