« コルンゴルト《死の都》 | トップページ | 《ヴォツェック》 »

2014年3月26日 (水)

『オペラは脚本(リブレット)から』

辻昌宏著『オペラは脚本(リブレット)から』(明治大学出版会、2940円)が出版された。

 著者は、管理人ときわめて近い人物なので、論評は避けて、構成を紹介します。
まず序章「脚本(リブレット)が先か、音楽が先か」で、オペラにおいて、通常は作曲家や上演時における歌手の出来、演出についてが論じられることが多いのに、なぜリブレットに着目するかが語られる。
第1章「脚本に介入するプッチーニ   《ラ・ボエーム》とイッリカ、ジャコーザ」では、《ラ・ボエーム》のリブレットには最初の案では中庭の幕とよばれる幕があったが、せっかく書いたリブレットのその部分をプッチーニがそっくり削除させてしまったことが明らかにされる。
第2章は「検閲と闘うヴェルディ   《リゴレット》とピアーヴェ」。《リゴレット》は、原作やリブレットの最初の案では、フランス王が若い女性をもてあそぶ話だった。それが当時の検閲にひっかかって、王が主人公ではまかりならぬということになり、ピアーヴェが改作する。改作してフランス貴族に変えると今度はヴェルディが納得しない。最終的には周知のごとく、マントヴァの公爵になるが、それはいかなるプロセスで、また何故それならばヴェルディが納得したのかが明らかにされる。
第3章は「ロマン派を予言するドニゼッティ  《愛の妙薬》とロマーニ」。愛の妙薬のなかでは2つの恋愛観が示される。アディーナは18世紀的な駆け引きのある恋愛ゲーム的恋愛観の持ち主。一方、ネモリーノは一途なロマン主義的な恋愛観の持ち主。このオペラでは、この2つの恋愛観があらがい、最後にロマンティックな恋愛が勝利する物語なのだ。それを媒介するのが、詐欺師的なドゥルカマーラのいんちきな愛の妙薬というのが楽しい。著者は、このオペラが個人的にとても好きらしい。
第4章は、「性別を超えるロッシーニ   《チェネレントラ》とフェッレッティ」。原作のシンデレラでは、まま母が出てくるのに、なぜロッシーニではまま父が出てくるのか。ロッシーニの楽しさはどこにあるのかが語られる。
第5章は「挑発を愉しむモーツァルト  《フィガロの結婚》とダ・ポンテ」。ダ・ポンテの数奇な生涯がモーツァルトと交差したときに傑作が生まれた。モーツァルトが実はリブレットに対して大きなこだわりを持っていたことが明らかにされ、また、それが楽曲のなかでどう活かされているのか、重唱における押韻の活かし方が示されている。
終章は「こうしてオペラは始まった」で、フィレンツェのカメラータやモンテヴェルディといったオペラの草創期において、どんな人がどういうリブレットを書いたのか、その時にモデルになったのは、単に古代ギリシア劇だけではなく、16世紀の牧歌劇やインテルメッゾの詩形だったことが、具体的に例示される。
3月27日より大手書店やアマゾンでの取り扱いが始まるとのこと。一度、手にとっていただければ幸いです(と著者が申しております)。

|

« コルンゴルト《死の都》 | トップページ | 《ヴォツェック》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/59360125

この記事へのトラックバック一覧です: 『オペラは脚本(リブレット)から』:

« コルンゴルト《死の都》 | トップページ | 《ヴォツェック》 »