« 《夕鶴》 | トップページ | 『名作短編で学ぶイタリア語』 »

2014年1月27日 (月)

Stefano Adami の『シエナのエズラ・パウンド』

ステファノ・アダミ(Stefano Adami)の Ezra Pound a Siena tra Accademia Chigiana e Monte dei Paschi (シエナのエズラ・パウンドーキージ音楽院とモンテ・デイ・パスキ銀行のはざまで)が出版された(出版社NIE,88ページ)
冒頭では、Pound への Pasolini によるインタビューが紹介されている。パウンドは
英米の金融資本主義に反対していた。Hugh Clifford Douglas や Silivio Gesell の反マルクス的社会主義に触発されているとされる。
しかし、パウンドが最も影響を受けたのは、シエナの銀行モンテ・デイ・パスキだった。民衆のための銀行という意味で、彼はそこに銀行の理想を見出した。いわゆる高利貸しでない銀行なのである。
またパウンドは愛人のオルガ・ラッジとともに音楽活動を展開しており、キージ音楽院と協力して、特にヴィヴァルディの手稿を発掘した。

|

« 《夕鶴》 | トップページ | 『名作短編で学ぶイタリア語』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/59022524

この記事へのトラックバック一覧です: Stefano Adami の『シエナのエズラ・パウンド』:

« 《夕鶴》 | トップページ | 『名作短編で学ぶイタリア語』 »