« 《鼻》 | トップページ | 《仮面舞踏会》 »

2013年12月 5日 (木)

《トスカ》

トリノ歌劇場来日講演の《トスカ》を観た(東京文化会館)。

トスカはノルマ・ファンティーニ。カヴァラドッシがマルセロ・アルバレス、スカルピアがラド・アタネリ。
ファンティーニはややビブラートがかかるが、たくましく強い声で、《トスカ》ではしばしばオーケストラが雄弁に鳴るがものともしない。アルバレスは、発声の仕方、声の質、非常に端正なたたずまいで美しい。ラド・アタネリも、歌い方としては上品な悪役を演じていた。むろん、スカルピアは男爵であり、単なるごろつきとは違うので、そういう一面を出すことは必要だ。ストーリーが十分彼の悪をあばいていると言えよう。
ノセダの指揮はつぼを押さえたものであった。演出、舞台装置は、やや抽象的なセット。トスカがスカルピアを殺したあとに、ろうそくを立てないのは、少し物足りない感じがした。
演奏の前に、舞台上で、演出家と、トスカ役のダブル・キャストのパトリシア・ラセットがインタビューを受けるというかわったイベントがあった。

|

« 《鼻》 | トップページ | 《仮面舞踏会》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/58704852

この記事へのトラックバック一覧です: 《トスカ》:

« 《鼻》 | トップページ | 《仮面舞踏会》 »