« ダンヌンツィオ展 | トップページ | 《夕鶴》 »

2013年12月 7日 (土)

ロッシーニ≪スターバト・マーテル≫

Trinothumb100xauto281トリノ王立歌劇場の特別演奏会、ロッシーニの≪スターバト・マーテル≫を聴いた(東京文化会館)。

都民劇場のコンサートである。オペラの時よりも客層が落ち着いた雰囲気の人が多い。

オペラの時のほうが華やかである。

前半は≪どろぼうかささぎ≫、≪セビリアの理髪師≫、≪ウィリアム・テル(ギヨーム・テル)≫の序曲。久しぶりに、オーケストラ・ピットではなく、壇上にいるオケのかなでる序曲を聴いた。

当然だが、鳴りっぷりが派手やかになる。ノセダの指揮は、フレージングの細かいところで、ロッシーニらしさ、ロッシーニ節というものを作っていくのではなく、フレーズは、均一でそっけない感じである。モダンな感じで、ただし、強弱や、音の表情の弛緩と緊張でコントラストを作っていく。テンポは原則としてインテンポ。

オケの統率が保たれて、破綻をきたすことはない。時に、もう一歩突っ込んでほしくなることもないではないが、これが彼のスタイルなのだと思う。

後半は、メインの≪スターバト・マーテル≫。悲しみの聖母で、歌詞は、ヤーコポ(あるいはヤコポーネ)ダ・トーディが書いたといわれている。ヤーコポは1236年生まれで、1303年没。アッシジのサン・フランチェスコの死後10年で生まれているといったら時代がわかりやすいだろうか。あるいはダンテと同時代人だったと言ったほうがよいか。イタリア語の作品も書いているのだが、これはラテン語である。

ロッシーニの曲は素晴らしいの一言に尽きる。10曲からなり演奏時間は1時間10分前後だが、宗教曲らしい厳粛な曲もあるし、テノールがオペラティックに歌いあげる曲あり、アカペラ(オーケストラの伴奏なし)で、合唱が活躍する曲ありと、変化に富んでいる。しかも、深刻なメロディーばかりでなく、鼻歌でも歌うような心たのしい曲、胸にすっとはいってくる曲がちりばめられている。

独唱者もフリットリ、バルチェッローナをはじめ、ピエロ・プレッティ(テノール)、ミルコ・パラッツィ(バス)も熱唱だった。

特筆すべきはフリットリで第8曲で審判の日を歌う熱唱は、心打たれるものだった。彼女は、合唱が歌っているときも、(むろん大声は出さないが)一緒に歌っていた。指揮者にもいるが、すべてのパートが頭にはいっていて、自然と歌ってしまうのであろう。

曲への入り込みかたが自然で、出すべきときにエネルギーを放出し、ロッシーニにふさわしい輝きを放っていた。

|

« ダンヌンツィオ展 | トップページ | 《夕鶴》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/58712770

この記事へのトラックバック一覧です: ロッシーニ≪スターバト・マーテル≫:

« ダンヌンツィオ展 | トップページ | 《夕鶴》 »