« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月10日 (日)

《リア》

ライマン作曲《リア》を観た。


シェイクスピアの原作をかなり忠実になぞっているが、音楽は現代音楽そのものである。世界初演は1978年だが、日本初演は今回。

名バリトン、フィッシャー・ディスカウの委嘱で出来た作品を、二期会と読売日本交響楽団、指揮下野竜也の熱のこもった演奏で聞くことができた。下野の指揮は、リズムも音響も明快である。

歌は小森輝彦のリア、小山由美のゴネリルが印象に残った。どちらも、表情の幅を求められる役柄である。また、エドガーの藤木大地もカウンターテナーであるため異彩を放っていた。

舞台は向かって左手から右手にかけて大きく傾斜している。簡素ではあるが、貧弱ではなく効果的な照明ともあいまって見応えのある舞台だった。

ライマンの音楽は、感情がむき出しになるというよりは、一度濾過されて抽象的な形で出て来るという感じである。そのため苦悩の場面は素直に聞けるのだが、エドマンドとゴネリル、リーがンとが不倫の関係にあることが暴かれる場面ではもう一歩生々しさあるいは音としての官能性が欲しくなることもあった。

しかし思えば、原作も救いのない話である。前半は、3人の娘にリア王が生前贈与で財産を分ける場面など、かなり民話的要素があるのだが、オペラでは特に民話風ということもなく、リア個人の不幸を、突き放して描いているように思った。

オペラ史には必ず出て来る有名な作品を日本で初にお目にかかれたのは貴重な経験であった。





| | トラックバック (0)

《エフゲニー・オネーギン》

ライブビューイングで《エフゲニー・オネーギン》を観た。

チャイコフスキーのオペラである。

原作はプーシュキンの韻文の物語詩である。タチヤーナがネトレプコ、オネーギンがクヴィーチェンという豪華なキャスト。

ネトレプコはロシア人であり、学校時代に勉強させられなじみの作品だとのこと、また、指揮者のゲルギエフも学校で暗唱させられたと語っていた。クヴィーチェンはポーランド人で近親性を感じるとのこと。

オペラを演じるときに、リブレット(脚本、歌詞)の言語に親しんでいることは、重要だということをあらためて認識させられたインタビューであった。

《エフゲニー・オネーギン》を観たのは久しぶりだったが、記憶の中にあるよりはメロディーらしいメロディーがあった。とはいえ、舞踏の場面のオーケストラに比べると、他のアリアは音楽がゆったりと進む。

ストーリーはまさにメロドラマで、田舎に帰った色男で頽廃的な匂いのするオネーギンに、少女のタチアーナが夢中になり彼に手紙を書くが袖にされる。それから何年かして、二人は再開するとタチアーナは見違えるように美しく成熟しており、オネーギンは彼女に惹かれるが今度はタチアーナが惹かれつつも拒絶する。

ネトレプコは少女の演技も顔の表情の造形が巧みで違和感がない。20年?が経過して成熟した女性になった姿はまさにぴったりである。クヴィーチェンは声は美しいし、容姿も決して悪くないのだが、立ち居振る舞いが、いまいちあか抜けない。田舎の少女をぽっとさせるダンディーさが欲しいところだ。オネーギンの友人を演じたベチャワの方が演技では健闘していたかもしれない。

これでロシア語がわかればもっと言葉遣いと音楽との連関がわかるのかと想像もしたが、言葉が判らない者としては、音楽の動きのもったり感が時にはもどかしいのであった。しかし、時には、こういう大時代的なメロドラマもいいものだとも思った。ネトレプコのインタビューでは、自分はタチアーナとは全然性格も反対で、あんな状況なら彼を食べてしまうという意味のことを言っていた。時代は変わったのである。












| | コメント (0) | トラックバック (0)

《フィガロの結婚》

新国立劇場オペラ「フィガロの結婚」モーツァルト作曲《フィガロの結婚》を観た(新国立劇場)。


アンドレアス・ホモキの演出は、再演とのことであるが僕ははじめて観た。白と黒が基調で、舞台は大きな直方体(部屋)の中で展開するのだが、この直方体が傾いている。

おそらくは、世界が、世界の秩序が正常ではなくなっていることを示唆しているのだろう。劇がしばらく進展すると、この直方体ががくっとたががはずれるのである。

フランス革命直前の時期に原作は発表されたことを意識した演出であろうかと思う。

伯爵はレヴェンテ・モルナール。伯爵夫人はマンディ・フレドリヒ、フィガロはマルコ・ヴィンコ、スザンナは九嶋香奈枝。

マルコ・ヴィンコは、背が高く、手足も長く、スマートな体型のフィガロで若々しく新鮮だった。スザンナの九嶋も、フィガロ以上に頭の回転のよい女性かつチャーミングな可愛らしい役どころを見事に演じ歌っていた。

フィガロは、ストーリーだけ見れば、冒頭から部屋の割当ては、実は伯爵がスザンナに目をつけているからだということで、セクハラ、パワハラ満開のストーリーであるが、ダ・ポンテ(リブレット作者)の言葉の運びが軽やかで、かつモーツァルトの音楽が軽快かつエレガントなので、そういう嫌らしさがまぎれてしまう。

むしろ、次々に展開する二重唱、三重唱に心を奪われてしまうのだ。

いまさらながら、傑作中の傑作であると感じた。


| | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »