« マイケル・スピアーズのリサイタル | トップページ | マチェラータ音楽祭の収支 »

2013年8月17日 (土)

《ランスへの旅》

ロッシーニのオペラ《ランスへの旅》を観た(ペーザロ、ロッシーニ劇場)。
いつもの演出で、新人の登竜門となる演目である。
今年は日本人が2人出ている。
Ueda Seiji さんとKusuda Mai さんである。
Ueda さんはこの日はアントニオ役(13日はドン・アルヴァーロ役)、Kusuda さんは両日ともモデスティーナ役で、最後の場面で記念写真を撮る役柄だった。
指揮のダニエル・スミスは、歌手に自由を与える部分と、自分のペースで進むところの使い分けがよく、ロッシーニらしい自由闊達な楽しさを味わえた。








|

« マイケル・スピアーズのリサイタル | トップページ | マチェラータ音楽祭の収支 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/58006313

この記事へのトラックバック一覧です: 《ランスへの旅》:

« マイケル・スピアーズのリサイタル | トップページ | マチェラータ音楽祭の収支 »