« アレーナ100周年(2) | トップページ | 《アルジェのイタリア女》 »

2013年8月 7日 (水)

アレーナ100周年(3)

アレーナと《アイーダ》の関係について(地元新聞アレーナ8月6日)

1913年のアレーナでは《アイーダ》が上演されたが、その後は別の演目が演奏され、第二次大戦までには、1920年、1927年、1936年の三回だけだった。

第二次大戦後1946年にアレーナのオペラが再開される。戦後、《アイーダ》の上演が増えてくるのは1951年くらいからで、力量の高い歌手が次々出て来たためと考えられる。

1980年代から、《アイーダ》がアレーナの定番化してくる。演出はジャンカルロ・スブラージャで、装置はヴィットリオ・ロッシ。ロッシは、アレーナの装置を作った人でもっともすぐれた人であった。

|

« アレーナ100周年(2) | トップページ | 《アルジェのイタリア女》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/57942392

この記事へのトラックバック一覧です: アレーナ100周年(3):

« アレーナ100周年(2) | トップページ | 《アルジェのイタリア女》 »