« 『天国は満席』 | トップページ | 《ナブッコ》 »

2013年5月 6日 (月)

『リアリティー』

『リアリティー』写真マッテオ・ガッローネ監督の『リアリティー』を観た(イタリア映画祭、有楽町朝日ホール)。

Big Brother (Grande Fratello)という番組がある。何人かが寄せ集められて、共同生活を始めるのだが、それをカメラが映し出す。また、番組の進行とともに退場になる人と残る人が選別されていく。あとまで残った人には賞金が与えられる。この番組をテレビで熱心に観たわけではないので、自信はないが、おおよそこういった感じの番組なのだと思う。
主人公のルチャーノはふとしたきっかけで、この番組の第一次のオーディションに合格する。第二次予選のためにローマに呼び出される。そのあたりからルチャーノの意識が大きくこの番組にのめりこんでいく。一攫千金の夢にとらわれていく。出場できるかどうかは、彼の行動を調査しているテレビ局の派遣した人間の報告によるのだと
思い込み、貧しい人に不相応なほどこしをし、妻から愛想尽かしをされる。
彼の元で働いていたミケーレが教会の集会に連れて行って正気に戻そうとする。さらにローマでのミサに彼を連れて行くが、ルチャーノはその場から消え、番組の舞台となる特設スタジオに潜入する。
現代は、テレビ(番組)が、宗教的祭壇なのだということを、苦みをもって味合わせてくれる作品だ。

|

« 『天国は満席』 | トップページ | 《ナブッコ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/57326548

この記事へのトラックバック一覧です: 『リアリティー』:

« 『天国は満席』 | トップページ | 《ナブッコ》 »