« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月23日 (木)

《ナブッコ》

新演出で大胆な読み替え! ヴェルディ生誕200周年に新国立劇場が贈るオペラ「ナブッコ」が開幕

新国立劇場(東京・初台)でヴェルディの《ナブッコ》を観た。
合唱曲「行け、想いよ、黄金の翼にのって」が有名だが、この歌詞(つまり、オペラの台本)を書いたテミストークレ・ソレーラは、なかなか数奇な生涯を送った人物である。フェッラーラに生まれたのだが、オペラの台本(リブレット)を書くだけでなく、作曲もし、スペインにわたっては、劇場支配人であり、おそらくはイザベラ女王の愛人でもあった。密使としても活動している。
さて、《ナブッコ》であるが、グレアム・ヴィックの演出。この人の名前、Graham をグラハムと読みたくなる気持ちはよく判るが、グレアムである。グレアム・グリーンという小説家(映画『第三の男』、小説『情事の終わり』など)も同様。英語のスペリングと発音の関係は通常の単語でも不規則なものが多いが、固有名詞は一層厄介ではあるが、念のため。
ヴィックは、この旧約聖書の世界(ナブッコはネブカドネザル)、イスラエルの民のバビロン捕囚の話を、現代のショッピングモールに移動させている。彼は一昨年のペーザロでのロッシーニ・オペラ・フェスティバルでも、ロッシーニのオペラ《エジプトのモーゼ》という旧約聖書の世界の主人公モーゼを、ビン・ラーデンのような恰好をさせており、同一ではないが、似たような方向性の作品の読み替えと言えよう。
オペラの最後には、植樹の場面があり(そのような演出は僕ははじめて見た)それが失われた信仰の復活を象徴している。
指揮パオロ・カリニャーニはめりはりのある音楽づくり。東京フィルハーモニーの演奏能力は極めて高く、新国立劇場合唱団の響きも陶然とさせるものだった。無論、ナブッコはわき上がる怒り、踊り狂うようなリズムの激しさがあるのだが、それがこちらを音の渦に巻き込む。それが快感でもあるのだ。
ナブッコはルーチョ・ガッロ。アビガイーレはマリアンネ・コルネッティ(大きな身体をいかした強い声だった)。ザッカリーアのコンスタンティン・ゴルニーは立派な声であった。さらに、イズマエーレの樋口達哉、フェネーナの谷口睦美も、海外勢に見劣り、聞きおとりがしていなかった。容姿、体格、歌ともに堂々たるものであった。
最初は率直なところ妙な演出だと思ったが、徐々に納得がいった。何と言っても、若き日ヴェルディのエネルギーに充ちた音楽をオケと合唱が熱く表現していたのが説得力を獲得していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

『リアリティー』

『リアリティー』写真マッテオ・ガッローネ監督の『リアリティー』を観た(イタリア映画祭、有楽町朝日ホール)。

Big Brother (Grande Fratello)という番組がある。何人かが寄せ集められて、共同生活を始めるのだが、それをカメラが映し出す。また、番組の進行とともに退場になる人と残る人が選別されていく。あとまで残った人には賞金が与えられる。この番組をテレビで熱心に観たわけではないので、自信はないが、おおよそこういった感じの番組なのだと思う。
主人公のルチャーノはふとしたきっかけで、この番組の第一次のオーディションに合格する。第二次予選のためにローマに呼び出される。そのあたりからルチャーノの意識が大きくこの番組にのめりこんでいく。一攫千金の夢にとらわれていく。出場できるかどうかは、彼の行動を調査しているテレビ局の派遣した人間の報告によるのだと
思い込み、貧しい人に不相応なほどこしをし、妻から愛想尽かしをされる。
彼の元で働いていたミケーレが教会の集会に連れて行って正気に戻そうとする。さらにローマでのミサに彼を連れて行くが、ルチャーノはその場から消え、番組の舞台となる特設スタジオに潜入する。
現代は、テレビ(番組)が、宗教的祭壇なのだということを、苦みをもって味合わせてくれる作品だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『天国は満席』

『天国は満席』写真カルロ・ヴェルドーネ監督の『天国は満席』を観た(イタリア映画祭、有楽町朝日ホール)。

ヴェルドーネは監督兼主役兼脚本である。もっとも主役は三人の中年男で、写真の左からウリッセ(カルロ・ヴェルドーネ)、ドメニコ(マルコ・ジャッリーニ)、フルヴィオ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)。
ウリッセ(英語で言えばユリシーズ、つまりホメロスのオデュッセウスのことで、映画の中でも、この名前がおかしいと言って若い女が笑いこけるシーンがある)は元レコードプロデューサーだが、今は売れないレコード店の店主。
ドメニコは不動産屋だが、愛人との間に子供が出来てしまう。フルヴィオは、映画評論家だったが、今は、芸能記者。それぞれに夫婦関係が破綻し、一人暮らしだったが、ひょんなことから、というより、3人とも生活費に困って、3人の中年男の同居生活が始まる。
3人とも独身状態で、女性を求めているが、金欠でという状況をおもしろ可笑しく描いている。後半は、ウリッセの娘が妊娠していることを父に告白するところから、コメディーというよりホームドラマ風に展開していく。
現在のイタリアが抱えている問題(貧困や家族の崩壊)を明るく笑い飛ばしているが、ふと立ち止まって考えさせられるといった体の映画。中年男のダメさ加減もそれぞれに描き分けられていて味わい深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』

『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』写真マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督の『フォンターナ広場 イタリアの陰謀』を観た(イタリア映画祭、有楽町朝日ホール)。

原題は、Romanzo di una strage なので、ある惨劇の物語といったところか。惨劇とは、1969年12月に実際に起こった事件、ミラノのフォンターナ広場(ドゥオーモのすぐそば、裏手のところ)にある農業銀行の爆破事件である。
ジョルダーナ監督は、この事件について現在調べられるだけのことを調べ、この映画を作ったという。しかも彼はこの爆破事件のときにすぐそばに居たのだ。40年以上の時が経過し、若者たちが、この事件のことを知らない、あるいは全然違うものと誤解していることを知り、愕然として、この映画化に取り組んだという。
ジョルダーナ監督の他の映画がそうであるように、見応えのある映画である。この映画では、最初に犯人にでっちあげられるアナルキストのピネッリとカラブレージ刑事の人間関係(敵対する立場にはあるが、ある種の信頼関係が成り立っている)を描いたうえで、むしろカラブレージ刑事が、事件の実行犯が誰であるのか、また、捜査を攪乱するもの、あるいは捜査をはばむ壁はなんであるのか、に思い至るまでが、じっくりと描かれている。
個人の犯罪もののサスペンスとは構造が異なるので、サスペンスはあるのだが怖いというのではなく、国家と個人、当時の政治状況に思いをめぐらす作品だ。
つまり、1960年代後半に学生運動が始まり、イタリアではそれが労働者にもひろがる。そうした中で国家の中枢部や海外の諜報部のこの事件への関与が疑われるのだ。
カラブレージ刑部は、しだいにそのことに気づいて悩む。この事件を限りに警察をやめ転職しようとした矢先、彼は殺されてしまう。
この映画は、犯人探し、誰が犯人なのかという謎解き的要素と、そもそも直接的な実行犯以外に黒幕がいるのではないか、といったことに思いがいたる仕組みとなっている。最低限の事件に関する予備知識は必要だが、カラブレージとピネッリの関係を含め、巻き込まれた人間が、ふつうの人間としての悩みが描きこまれており、それが逆に国家や諜報部のもたらした惨劇のグロクテスさを浮かび上がらせる。
乱暴な比喩かもしれないが、浅間山荘事件が日本の歴史の一こまであったように、フォンターナ広場の惨劇はイタリアの歴史の一こまであった。現代イタリアを愛する人には必見の映画であると言わざるをえない。決して明るい映画ではないが、暗い一方でもない。警察や司法の側も一枚岩ではなく、良心の呵責を感じていた人も登場する。アルド・モーロ首相の姿も印象的に描かれている。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

『ふたりの特別な一日』

『ふたりの特別な一日』写真フランチェスカ・コメンチーニ監督の『ふたりの特別な一日』を観た(イタリア映画祭・有楽町朝日ホール)。

ジーナという芸能界にデビューしたい女の子が、国会議員に会いにいくのだが、議員の都合でどんどん時間が延びる。
迎えにきた車の運転手マルコと、最初はローマの郊外を、次第にローマの中心部をめぐることになる。ジーナは、ストレスを抱えていて、呼吸困難になったり、高級ブティックで捨て鉢な行動に出る。
次第に、マルコとジーナの気持ちが近づいて行く。ジーナが議員に会う時点では、マルコは議員のジーナへの振る舞いを許せない気持ちになっている。
ジーナがなぜ無茶苦茶な行為を次々とするのかと思うが、最後まで観ると、納得がいく仕組みとなっている。
ローマの名所が出てくる点からは『ローマの休日』を思い起こさせるし、『ふたりの特別な一日』Un giorno speciale(というタイトルからは、ソフィア・ローレンとマルチェッロ・マストロヤンニの『特別な一日』Una giornata particolare が思い起こされる。むろん、スコラ監督の映画は、時代設定がファシズムの真っ盛りで、今回のフィルムは現代であるのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『家への帰り道で』

『家への帰り道で』写真エミリアーノ・コラピ監督の『家への帰り道で』を観た(イタリア映画祭・有楽町朝日ホール)。

ジェノヴァの若い会社経営者が、資金繰りに行き詰まったことから、裏街道の仕事に関わるようになり、犯罪組織の対立に巻き込まれてしまう。
サスペンス・タッチで怖い映画だった。
こういう映画もいいが、それと補色関係にあるようなお気楽な予定調和的な映画も観たくなるのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »