« モンティ、辞意を表明 | トップページ | 歌劇場をめぐる数字 »

2012年12月17日 (月)

オペラ劇場の革命

Bassano_opera_festivalイタリアの歌劇場のルールが劇的に変わるかもしれない(12月17日、Corriere della Sera).

新しいルールでは、劇場支配人により大きな権限が与えられる。また、地方自治体が資金を提供することになる。
金曜日の閣議で新たな歌劇場に関するルールが議論される予定だ。国内の14の歌劇場に関する統一的なルールが、12月31日までに決着がつく見込みである。
これにより、1967年以来の40以上の法令や政令が廃止されることになる。
方針としては明快で、脱中央集権化である。州からは不満の声がないわけではない。地方自治体は、少なくとも国と同じレベルの補助金を出さなければいけなくなるのだ。それをしない場合には、その劇場の基金は、法的・経済的な地位を失い、「伝統的」劇場へと格下げになる。
また各基金は、完全に独立した存在となり、より大きな自由を獲得する。

|

« モンティ、辞意を表明 | トップページ | 歌劇場をめぐる数字 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/56340153

この記事へのトラックバック一覧です: オペラ劇場の革命:

« モンティ、辞意を表明 | トップページ | 歌劇場をめぐる数字 »