« ポリーニ・パースペクティヴ第5夜 | トップページ | ムーティのヴェルディ論 »

2012年11月15日 (木)

ポリーニ・パースペクティヴ第6夜

Nvsポリーニ・パースペクティヴの第6夜。最終日である。曲は、シャリーノの声楽曲『12のマドリガルー7声のア・カペラのための』(日本初演)を聴いた。

これはア・カペラとあるように、楽器の伴奏がない。7人の歌手の妙技だけで曲が成り立っている。女性が3人、1人カウンターテナー、男性が3人という構成。
曲は、6つの芭蕉の俳句をシャリーノがイタリア語に訳し、それが2回ずつ使われて12曲となっている。技巧的にも非常に面白かった。芭蕉の句の断片が繰り返されることによって、こちらの興味もつながれていくことになる。断片的な部分もあれば、鳥がなくような部分もあり、同じ音を連続的に発声するようなところもある。
シュトゥットガルト・ニュー・ヴォーカル・ソロイスツの演奏レベルも非常に高いと思った。

|

« ポリーニ・パースペクティヴ第5夜 | トップページ | ムーティのヴェルディ論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/56121002

この記事へのトラックバック一覧です: ポリーニ・パースペクティヴ第6夜:

« ポリーニ・パースペクティヴ第5夜 | トップページ | ムーティのヴェルディ論 »