« ポリーニ・パースペクティヴ第6夜 | トップページ | ベルサーニ、民主党予備選に勝利 »

2012年11月15日 (木)

ムーティのヴェルディ論

Mutiverdi300dpi189x300指揮者のリッカルド・ムーティがヴェルディに関する新刊を出した(11月11日、Corriere della Sera)

タイトルはVerdi , l'italiano. Ovvero, in miusica, le nostre radici (ヴェルディ、イタリア人。あるいは、音楽では、われらの根っこ)(リッツォリ、224ページ、18、50ユーロ)
ムーティはトスカニーニの残した音がヴェルディの音だと言う。
またヴェルディはスコアに変な表情記号を要求している。1847年版のマクベスでは、オーケストラに「無音の音」(suono muto)をもとめ、歌手には締め付けられたような声を出すよう指示している, といったことを紹介している。

|

« ポリーニ・パースペクティヴ第6夜 | トップページ | ベルサーニ、民主党予備選に勝利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/56121384

この記事へのトラックバック一覧です: ムーティのヴェルディ論:

« ポリーニ・パースペクティヴ第6夜 | トップページ | ベルサーニ、民主党予備選に勝利 »