« 《愛の妙薬》 | トップページ | ポリーニ・パースペクティヴ第5夜 »

2012年11月15日 (木)

《メデア》

Reimann000792_2 ライマンのオペラ《メデア》を観た(日生劇場)。現役作曲家のオペラが上演されるのは珍しいことだが、長木誠司氏らの尽力により、また日生劇場50周年、二期会60周年を記念する公演でもある。

メデアの原作はギリシア悲劇の『メデア』であるが、それをもとにしてオーストリアの劇作家グリルパルツァーが三部作の劇を作っており、それを作曲者が短くしたものが台本となっている。
音楽は前衛的な響きはするのだが、リズム自体は案外落ち着いたもの。メデアの飯田みち代が金髪なのにはいささか驚いた。黒髪のほうが端麗な容姿に映えたであろうという気がする。
ゴラは小山由美。大変立派な歌唱だった。イアソンは宮本益光。クレオンは大間知覚。クレオサが出てくるところは音楽が華麗な音になる。クレオサは林美智子。使者はカウンタテノールの彌勒忠史。
ストーリーが迫力のあるものなので、音楽の激しさ、不協和音もふさわしいものに思える。

|

« 《愛の妙薬》 | トップページ | ポリーニ・パースペクティヴ第5夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/56120837

この記事へのトラックバック一覧です: 《メデア》:

« 《愛の妙薬》 | トップページ | ポリーニ・パースペクティヴ第5夜 »