« 《メデア》 | トップページ | ポリーニ・パースペクティヴ第6夜 »

2012年11月15日 (木)

ポリーニ・パースペクティヴ第5夜

Salvatore_sciarrino_1_cmauro_fermarポリーニ・パースペクティヴの第5夜。シャリーノの謝肉祭第10番、11番、12番(日本初演)と後半はベートーヴァンのピアノソナタ第30番、31番、32番を聴いた。

シャリーノの曲は歌詞のある歌を声楽アンサンブルが歌い、ピアノがダニエレ・ポリーニ(ポリーニの息子)、打楽器、チェロ、ヴァイオリンがいて、非常に面白い、豊かな発想の曲だった。
ピアノソナタは31番、32番が圧巻。曲自体がそれまでのものと違う。対位法と和声的音楽が自由自在に往来する。その構造をポリーニはあくまで構築的に引き分けて行く。深い感銘を受けた。

|

« 《メデア》 | トップページ | ポリーニ・パースペクティヴ第6夜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/56120927

この記事へのトラックバック一覧です: ポリーニ・パースペクティヴ第5夜:

« 《メデア》 | トップページ | ポリーニ・パースペクティヴ第6夜 »