« ポリーニ・パースペクティヴ第3夜 | トップページ | ヴェルディ書簡集 »

2012年11月 8日 (木)

ポリーニ・パースペクティヴ第4夜

Lachenmannofficialcphilippegontier_ポリーニ・パースペクティヴの第4夜を聴いた(サントリーホール)。

ラッヘンマンの弦楽四重奏曲「叫び」とベートヴェンのピアノ・ソナタ第28番、第29番「ハンマークラヴィア」。
ラッヘンマンの曲は、微分音やフラウタンド(フルートのような音を出す奏法)を駆使して、まるでいろんな音程を出す蚊の羽音が寄せ集められたような音楽。標題は「叫び」だが絶叫タイプの音楽ではない。
ベートーヴェンのピアノ・ソナタも28番、29番になると、対位法的な音楽が増え、合間に可憐なメロディーがはさまる。ハンマークラヴィアは、しかも規模が大きい曲で、こみいった理屈が展開される。
ポリーニは、かつてのような完璧な指の回転ではないが、対位法をはじめとする曲に対する理解の深さ、曲の構造を提示しようという意志を感じた。

|

« ポリーニ・パースペクティヴ第3夜 | トップページ | ヴェルディ書簡集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/56070539

この記事へのトラックバック一覧です: ポリーニ・パースペクティヴ第4夜:

« ポリーニ・パースペクティヴ第3夜 | トップページ | ヴェルディ書簡集 »