« Ior の口座 | トップページ | 市場、イタリアをめぐる緊張 »

2012年6月13日 (水)

ドニゼッティ対ベッリーニ

Vincenzobellini

373022
オペラ作曲家のベッリーニとドニゼッティが比較対照されている(6月10日、Corriere della Sera).

二人の作曲家はすべてにおいて対照的だった。

ベッリーニは1801年11月3日シチリアのカターニャ生まれ。1835年9月23日にフランスのPuteaux で亡くなった。祖父ヴィンチェンツォ・トビアから音楽家で裕福だった。父ロザリオはオルガニストで作曲家であった。

10のオペラを作曲し、その他に多くのアリアや宗教曲を書いた。ミラノで成功し、そこで《海賊》、《異国の女》、《夢遊病の女》、《ノルマ》を初演した。1834年にパリに移り住んだ。パリで《清教徒》を初演。

一方、ドニゼッティは、1797年11月29日にベルガモに生まれ、同地で1848年に亡くなった。貧しい家庭の出身。ベルガモの大聖堂の教会楽長だったヨハン・シモン・マイヤー(マイール)に認められ教えをうける。

85のオペラを作曲。ナポリのサンカルロ劇場で認められる。そこで多くのオペラを初演。1838年にパリに移住。そこで《連帯の娘》、《ファヴォリータ》、《シャモニーのリンダ》を上演した。


|

« Ior の口座 | トップページ | 市場、イタリアをめぐる緊張 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/54952962

この記事へのトラックバック一覧です: ドニゼッティ対ベッリーニ:

« Ior の口座 | トップページ | 市場、イタリアをめぐる緊張 »