« 《気楽な人生》 | トップページ | 《錆び》 »

2012年5月 3日 (木)

《至宝》

Works04_photo
アンドレア・モライヨーリ監督の《至宝》を観た(有楽町・朝日ホール)。

フィクションではあるが、パルマラットの粉飾決算および倒産がもとになっている。

経済ものとしては、それなりに良くできていると思うし、人間関係の彩も書き込まれている。粉飾決算に至過程をどう描くかは、そもそも会計の操作が入り組んでいるので描写・説明が映画としては困難な部分だと思う。

だから、こういう映画は他の娯楽映画と同列で面白さは論じにくいのではないだろうか。こうした映画はそもそも本数も少ないので、貴重な映画であった。

|

« 《気楽な人生》 | トップページ | 《錆び》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/54605614

この記事へのトラックバック一覧です: 《至宝》:

« 《気楽な人生》 | トップページ | 《錆び》 »