« 《バッグにはクリプトナイト》 | トップページ | 電気代、再び値上げ »

2012年4月30日 (月)

《シュン・リーと詩人》

Works14_photo
アンドレア・セグレ監督の《シュン・リーと詩人》を観た(有楽町・朝日ホール)。

舞台はキオッジャ。ラグーン(潟)に面した町である。そこのバールには年金生活者たちがたむろしている。

バールの持ち主が中国人に変わり、そこにシュン・リー(チャオ・タオ)という息子を中国において働きにきた女性がバリスタとしてやってくる。

彼女と、旧ユーゴスラビアからの移民で仲間から詩人と呼ばれているベーピの間に友情が生まれるのだが。。。という話。

彼女は、中国系の組織の言うことを聞かねばならないという事情がある。

アンドレア・セグレ監督の舞台挨拶と質疑応答があった。

|

« 《バッグにはクリプトナイト》 | トップページ | 電気代、再び値上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/54598073

この記事へのトラックバック一覧です: 《シュン・リーと詩人》:

« 《バッグにはクリプトナイト》 | トップページ | 電気代、再び値上げ »