« 《大陸》 | トップページ | 《楽園の中へ》 »

2012年4月29日 (日)

《ローマ法王の休日》

Works13_photo
ナンニ・モレッティ監督の《ローマ法王の休日》を観た(有楽町・朝日ホール)。

実はこれは以前に飛行機の中で観たことがある。しかし、ヴァティカンが舞台なので、当然、大画面のほうがずっと良い。

前の法王(教皇)が亡くなって、新法王(教皇)が選出されるコンクラーベから話は始まる。やっと新法王が選出されるが、かれは法王の責任の重さ、重圧に耐えられず逃げ出してしまうというお話。

モレッティの作品ではるのだが、ヴァティカンの政治は書かれていない。法王に選出され、その重責にあえぐ人物をミシェル・ピコリが演じている。


|

« 《大陸》 | トップページ | 《楽園の中へ》 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/54582666

この記事へのトラックバック一覧です: 《ローマ法王の休日》:

« 《大陸》 | トップページ | 《楽園の中へ》 »