« イタリアの所得申告状況 | トップページ | 労働憲章18条の改正案に関する譲歩 »

2012年4月 5日 (木)

門扉の王者、遺産を教会に

20120401_proprietariofaac
高速道路のゲートなどを作る会社のオーナーが死後、全財産をボローニャ司教区に寄贈した(4月1日、Corriere della Sera).

死亡したオーナーは、ミケランジェロ・マニーニ、50歳。Faacという門扉や高速道路のゲートなどを作る国際的に活動する企業のオーナーであったが3月17日に亡くなった。

Faac はヨーロッパに12の工場があり、従業員は1000人を越える。

彼は遺言により、遺産のすべてをボローニャ司教区に寄付した。


|

« イタリアの所得申告状況 | トップページ | 労働憲章18条の改正案に関する譲歩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/54399462

この記事へのトラックバック一覧です: 門扉の王者、遺産を教会に:

« イタリアの所得申告状況 | トップページ | 労働憲章18条の改正案に関する譲歩 »