« 国税庁、ブラックリストを準備 | トップページ | インドで海兵逮捕される »

2012年2月23日 (木)

タヴィアーニ兄弟、ベルリン金熊賞

Berlino2012vincitoriorsodoroacesare
タヴィアーニ兄弟監督の作品「チェーザレは死なねばならない」がベルリン映画祭で金熊賞を受賞した(2月19日、Corriere della Sera).

ストーリーは、シェイクスピアの『ジュリアス・シーザー(ジュリオ・チェーザレ)』の焼き直しである。

ベルリン映画祭での金熊賞は、イタリアにとっては、マルコ・フェッレーリ監督の『微笑みの』以来、21年ぶり。

この映画には、囚人が役者として出演している。

ナンニ・モレッティが3月2日から配給する。海外では、イギリス、ブラジル、コロンビア、スカンディナヴィア、オーストラリア、ポーランド、イランとイスラエルなど15カ国が買い付けた。

兄ヴィットリオ・タヴィアーニは82歳、弟パオロ・タヴィアーニは80歳の快挙である。

|

« 国税庁、ブラックリストを準備 | トップページ | インドで海兵逮捕される »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/54024998

この記事へのトラックバック一覧です: タヴィアーニ兄弟、ベルリン金熊賞:

« 国税庁、ブラックリストを準備 | トップページ | インドで海兵逮捕される »