« 電気、ガス、高速道路、値上げ | トップページ | モンティ首相、労働組合に呼びかける »

2012年1月 4日 (水)

車椅子の詩人、生活困窮

090729colonos04a
詩人ピエルルイージ・カッペッロの生活困窮を救うため、終身年金を複数の大学がもとめている(12月31日、Corriere di Sera)

カッペッロは、1967年生まれ、ウディネ県の貧しい家庭に生まれた。1983年16歳の時に、友人のバイクに乗せてもらって交通事故にあい、そのときから車椅子の生活を余儀なくされている。

カッペッロはフリウリ語(イタリアの北東部フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州で話される言語)で書く現代最良の詩人とされている。彼は詩をフリウリ語とイタリア語で書く。2006年にAssetto di volo でバグッタ賞、2010年にはMandate a dire all'imperatore でヴィアレッジョ賞を獲得している。

イタリアには、バッケッリ法という法律があり、名声ある芸術家が困窮している時に、国家がわずかな終身年金をさずけることができるというものである。フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州は、バッケッリ法のカッペッロへの適応を求めている。

その呼びかけにシエナ大学、フィレンツェ大学、ローマ第三大学、アッカデミア・デッラ・クルスカは賛同の意を示している。

|

« 電気、ガス、高速道路、値上げ | トップページ | モンティ首相、労働組合に呼びかける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/53642065

この記事へのトラックバック一覧です: 車椅子の詩人、生活困窮:

« 電気、ガス、高速道路、値上げ | トップページ | モンティ首相、労働組合に呼びかける »