« フィアットのクライスラー所有58%に | トップページ | 脱税との闘い »

2012年1月10日 (火)

新枢機卿の任命

17730101_concistoropresto22nuovicar
新たに22人が枢機卿に任命された(1月7日、Corriere della Sera).

22人のうち4人は、80歳以上なので、次回の法王選挙(コンクラーヴェ)での選挙権はない。

22人のうちイタリア人は7人で、近日中にコンクラーヴェがある場合、120人中30人がイタリア人ということになる。

2005年のコンクラーヴェでは、イタリア人の比率は17%であった。それが25%に上昇した。今回の人選では、国務長官のタルチーゾ・ベルトーネ枢機卿に近い人が目立つ。

イタリア人7人は、フィレンツェ司教のジュゼッペ・ベトーリをのぞいて、すべて教皇庁の役職者である。

6人の新枢機卿の出身地は以下の通り。フェルナンド・フィローニ(プーリア州)、ジュゼッペ・ベルテッロ(ピエモンテ州)、ドメニコ・カルカーニョ(ピエモンテ州)、ジュゼッペ・ヴェルサルディ(ピエモンテ州)、アントニオ・マリア・ヴェリオ(マルケ州)、フランチェスコ・コッコパルメリオ(ミラノ)

|

« フィアットのクライスラー所有58%に | トップページ | 脱税との闘い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/53688706

この記事へのトラックバック一覧です: 新枢機卿の任命:

« フィアットのクライスラー所有58%に | トップページ | 脱税との闘い »