« イタリア人のユーロへの信頼、低下 | トップページ | 船長との電話 »

2012年1月20日 (金)

ドラーギ:状況は悪化した

20120116_draghi
ヨーロッパ中央銀行のマリオ・ドラーギ総裁は、ユーロ圏の状況が悪化したとの見解を明らかにした(1月17日、Corriere della Sera).

格付け会社のS&P は Esfs も AA+へと格下げした。ドラーギ総裁はこうした状況を「大変深刻だ」と語った。また、各国政府に対し、決定した政策を実行に移すよう促し、税制の健全化と成長政策、雇用政策を結びつけてセットで実施するよう促した。


|

« イタリア人のユーロへの信頼、低下 | トップページ | 船長との電話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/53770193

この記事へのトラックバック一覧です: ドラーギ:状況は悪化した:

« イタリア人のユーロへの信頼、低下 | トップページ | 船長との電話 »