« 年金改革 | トップページ | 財政緊縮案、ガソリンもあがる »

2011年12月 8日 (木)

大臣の涙

1031654elsa_fornero
記者会見での厚生大臣の涙に意見が割れている(12月6日、Corriere della Sera).

Corriere.it のアンケートでは、大臣エルサ・フォルネーロが年金改革の記者会見で突然涙ぐみ言葉が出なかった(sacrificioー犠牲という言葉を発しようとして言葉につまった)ことにいら立ったという人が58%
、逆に感動したという人が42%だった。

芸能人でも、フィオレッロは「かつては為政者が予算削減して、市民が泣いていた。今、大臣が泣くのなら、われわれはおしまいだ」と述べたが、ロベルト・ベニーニは、「彼女の涙は心に響いた。誠実で深い心を感じた」と支持している。

政治家では、前大臣のロベルト・マロー二は、まるでハリウッドの女優のようだと批判している。

|

« 年金改革 | トップページ | 財政緊縮案、ガソリンもあがる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/53427289

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣の涙:

« 年金改革 | トップページ | 財政緊縮案、ガソリンもあがる »