« 閣内まとまらず | トップページ | イタリア財政、IMFの監視下に »

2011年11月 6日 (日)

議員2名、与党を離脱しUDCへ

Versolasfiducialamaggioranzaperdepe2人の下院議員が与党PdlからUdcへと離脱し、ベルルスコーニ政権は不安定さを増している(11月4日、Corriere della Sera).

与党を離脱したのは、イーダ・ディッポリトとアレッシオ・ボンチャーニ議員である。 これで政権を支持する議員は314名へと減少した。

与党内部では緊張が高まっている。

内閣信任案が否決された場合は総選挙の可能性もあり、その場合、もっとも早い場合には来年の1月29日での投票が可能である。

|

« 閣内まとまらず | トップページ | イタリア財政、IMFの監視下に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/53169338

この記事へのトラックバック一覧です: 議員2名、与党を離脱しUDCへ:

« 閣内まとまらず | トップページ | イタリア財政、IMFの監視下に »