« 《デル・グリッロ侯爵》 | トップページ | ヨーロッパ株式、下落 »

2011年11月23日 (水)

昔より時間がかかるようになっている南部行き列車

Mezzogiorno20sud
ローマから南部に行く列車は、昔よりも時間がかかっている(11月21日、Corriere della Sera).

ローマとパレルモをつなぐ最速の列車は1975年より遅くなっている。

1975年 Rapido 883 Peloritano を使うと、ローマを12時15分に出て、パレルモに22時41分に着いた。10時間26分である。

2008年 IC Plus 719 Peloritano を使うと、ローマを12時に出て、パレルモに22時52分に着いた。10時間52分。

2011年 9507 Frecciarossa + IC 727 を使うと、ローマを12時に出て、パレルモに23時に着く。11時間である。

南部は一歩後退しているのである。

また、2008年から2011年に失われた職の数は、南部が32万9000で、中/北部の15万8000の倍となっている。

|

« 《デル・グリッロ侯爵》 | トップページ | ヨーロッパ株式、下落 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/53314902

この記事へのトラックバック一覧です: 昔より時間がかかるようになっている南部行き列車:

« 《デル・グリッロ侯爵》 | トップページ | ヨーロッパ株式、下落 »