« 与党、意見割れる | トップページ | グラムシの1922年の報告 »

2011年11月13日 (日)

モンティ、ドラーギと会談

Mariodraghisumancanzadipoliticheg_2
次期首相と目されているマリオ・モンティは、ローマでドラーギ・ヨーロッパ中央銀行総裁と会談した(11月13日、Corriere della Sera).

モンティはドラーギと11時から1時間会談した。

モンティが首相になり次第、独仏首脳のメルケル、サルコジがローマを訪れるとの声もある。

モンティの首相指名に関し、野党の民主党は全面的に支持するとしているのに対し、与党のPdlは、基本的に同意しているが、細部に関しては必ずしも同意していない模様だ。

モンティは、首相になった場合の内閣はできるだけ専門家を入れる意向で、その候補者に電話を次々にかけている。

|

« 与党、意見割れる | トップページ | グラムシの1922年の報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/53235645

この記事へのトラックバック一覧です: モンティ、ドラーギと会談:

« 与党、意見割れる | トップページ | グラムシの1922年の報告 »