« 各国の財政の累積赤字 | トップページ | ベルトルッチの美術書 »

2011年10月12日 (水)

ドラーギ:若者対策を

Crisidraghigiovaniindifficoltarisch
イタリア銀行総裁マリオ・ドラーギは、景気停滞から抜け出るためには、若者に焦点をあてる必要があるとの見解を示した(10月7日、Corriere della Sera).

ドラーギはまた、家庭の経済危機への抵抗力が弱まっていることへの懸念を示した。

若者の苦境に配慮すべきであり、それなしには低成長から抜け出せず、この問題が最優先の政治・経済問題であると述べた。

イタリアでは15歳から29歳の若者で働いているのは35%にすぎないが、ドイツでは57%におよんでいる。またいわゆるニートも19,1%に達している。

|

« 各国の財政の累積赤字 | トップページ | ベルトルッチの美術書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/52968894

この記事へのトラックバック一覧です: ドラーギ:若者対策を:

« 各国の財政の累積赤字 | トップページ | ベルトルッチの美術書 »