« イタリア銀行総裁、ヴィスコに | トップページ | EU、イタリアに改革を求める »

2011年10月26日 (水)

ヴァティカンの蔵書、デジタル化

Libribibliotecavaticana_580x237
ヴァティカンの羊皮紙写本がデジタル化されることになった(10月21日、Corriere della Sera).

ヴァティカンの図書館は、教皇ニッコロ5世により1450年に設立された。彼が所蔵していた数百のマニュスクリプトを寄贈したのである。

その後、1475年に教皇シスト4世により、法的な規定ができた。

1587年、シスト5世は、建築家ドメニコ・フォンターナに委嘱して新たに今日ある建物を建てさせた。

ヴァティカン図書館は、160万冊の印刷物、8300冊の活版印刷揺籃期の本、8万のマニュスクリプト、7万4000のドキュメントなどを所蔵している。

今回はNASAの協力をえて、羊皮紙の本を、45ペタバイト(ペタは10の15乗)という高精細度でデジタル化していく。

|

« イタリア銀行総裁、ヴィスコに | トップページ | EU、イタリアに改革を求める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/53075390

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァティカンの蔵書、デジタル化:

« イタリア銀行総裁、ヴィスコに | トップページ | EU、イタリアに改革を求める »