« EU、イタリアに改革を求める | トップページ | EU諸国、銀行の資本増強を決める »

2011年10月26日 (水)

マルコ・シモンチェッリ、セパンに死す

Simoncelli
モトGPのライダー、マルコ・シモンチェッリは、レース中の事故で死亡した。24歳だった(10月24日、Corriere della Sera).

二輪バイクレースの最高峰モトGPで、レースの2周目で事故は起きた。シモンチェッリは、転倒し、内側にすべっていったが、そこへエドワーズとロッシが来て、轢いてしまったのだ。エドワーズとぶつかったときに、運悪くヘルメットが脱げてしまい、さらに頸部をひかれ死亡事故にいたってしまった。

マルコは、1987年1月20日、カットリカに生まれ、リミニ県のコレアーノで育った。7歳でミニバイクにデビュー、12歳でイタリアチャンピオン、15歳で125CCのヨーロッパチャンピオン、21歳で250CCの世界チャンピオンとなり、23歳からモトGPに参戦していた。

|

« EU、イタリアに改革を求める | トップページ | EU諸国、銀行の資本増強を決める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/53089675

この記事へのトラックバック一覧です: マルコ・シモンチェッリ、セパンに死す:

« EU、イタリアに改革を求める | トップページ | EU諸国、銀行の資本増強を決める »