« ヴァティカンと国家(9) | トップページ | トト・リイナの息子、コルレオーネ村に戻る »

2011年10月 7日 (金)

ヴァティカンと国家(10)

Stor_6341475_47140
ヴァティカンと国家のつづき(9月20日、Corriere della Sera).

2005年
ルイーニのレフェレンダム

1994年の選挙以降、元キリスト教民主党の勢力は、中道左派でも中道右派でも少数派となった。しかしカトリック教会の公的影響力は、イタリア司教会議議長のカミッロ・ルイーニ枢機卿によって増大させられた。

ルイーニ枢機卿の政治的最大の成功は、人工授精に関する国民投票に棄権するようしむけたことである。投票率は25%におわった(国民投票自体が無効となった)。


|

« ヴァティカンと国家(9) | トップページ | トト・リイナの息子、コルレオーネ村に戻る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/52848958

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァティカンと国家(10):

« ヴァティカンと国家(9) | トップページ | トト・リイナの息子、コルレオーネ村に戻る »