« ハードカバーの寿命縮まる | トップページ | «エジプトのモーゼ» »

2011年8月14日 (日)

バルチェッローナとプラットへのインタビュー

Daniela20barcellona  «ボルゴーニャのアデライデ»をロッシーニ・オペラ・フェスティヴァルで歌ったダニエーラ・バルチェッローナとジェシカ・プラットへのインタビューが il Resto del Carlino 紙に掲載されていたので、一部紹介する(8月10日、il Resto del Carlino).

バルチェッローナさん、あなたはフェスティヴァルに12回も登場し、毎回成功をおさめているわけですが、あなたにとってペーザロに戻ってくるのはどんな意味があるのですか?

ことしは舞台で上演される«アデライデ»のような作品の場合、わたしはまだ新しいことが見つけられると思うのです。ここにはたくさん友達がいますし、もう故郷も同然です。ペーザロのことはほとんどなんでも知ってます。両親もヴァカンスをここで過ごすんです。

バルチェッローナさん、あなたは今や世界へのロッシーニの大使ですが、ロッシーニの音楽の秘密は何ですか?

彼の一見シンプルさは軽さです。実際、ロッシーニの音楽は高度にドラマティックなことがあります。彼の書き方は現代的です。笑わせることも知っていながら、感動させることも知っています。それを理解して正しく解釈する必要があります。

お二人にうかがいますが、出演の前は何をしていますか?

プラット;私はほとんど何も食べられません、とくにカフェインはだめです。何も忘れないように、やるべきことをリストアップして、リラックスして出演できるようにします。

バルチェッローナ:わたしはお掃除をして家をぴかぴかにします。家がかたづくと、エネルギーがあふれてくるように感じ、自分の感情をコントロールするのに役立ちます。

|

« ハードカバーの寿命縮まる | トップページ | «エジプトのモーゼ» »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/52469267

この記事へのトラックバック一覧です: バルチェッローナとプラットへのインタビュー:

« ハードカバーの寿命縮まる | トップページ | «エジプトのモーゼ» »