« «リゴレット»(スフェリステリオ・オペラ・フェスティヴァル) | トップページ | スフェリステーリオの芸術監督 »

2011年8月 6日 (土)

カラカラ浴場オペラとアイーダ

Terme ローマのカラカラ浴場オペラで50回目の『アイーダ』上演が始まった(8月3日、la Repubblica)

古代ローマのカラカラ浴場の遺跡で最初に『アイーダ』が上演されたのは、1938年7月9日のことだった。

それ以来『アイーダ』は夏のカラカラ・オペラの定番となっており、今年は50番目のアイーダとなり、3500人の観客が訪れた。

1938年当時は、指揮オリヴィエロ・デ・ファブリティース(1963年にNHKのイタリアオペラで来日し『イル・トロヴァトーレ』の指揮をしている)、歌手はマリア・カニリア、エベ・スティニャーニ、ベニアミーノ・ジーリがいた。

続く時代には、フェドーラ・バルビエーリ、マリオ・デル・モーナコ、ボリス・クリストフ、ジュリエッタ・シミオナート、ティト・ゴッビが活躍した。62年には、ジャナンドレア・ガヴァッツェーニが指揮をしている。67年にはズビン・メータが指揮台にのぼっている。

|

« «リゴレット»(スフェリステリオ・オペラ・フェスティヴァル) | トップページ | スフェリステーリオの芸術監督 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/52388840

この記事へのトラックバック一覧です: カラカラ浴場オペラとアイーダ:

« «リゴレット»(スフェリステリオ・オペラ・フェスティヴァル) | トップページ | スフェリステーリオの芸術監督 »