« ミラノの司教 | トップページ | 政府の税制改革案 »

2011年7月 3日 (日)

政府案、欠席多数で否決される

20100428_170013_155123df_medium
イタリアの下院で、EUの法令をイタリアの国内法化する法案が、与党の議員多数の欠席のため否決された(6月30日、Corriere della Sera).

ブリュッセルからやってきた40の法令が否決されてしまった。投票ではNOが270票、Siが262票で、白票が1票だった。

与党のチッキートは「アクシデントであり、与党の政治的崩壊によるものではない」としている。

与党の欠席者のうち、正当な理由があったものは20人で、正当化されえぬ欠席者は27人いた。

|

« ミラノの司教 | トップページ | 政府の税制改革案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/52099163

この記事へのトラックバック一覧です: 政府案、欠席多数で否決される:

« ミラノの司教 | トップページ | 政府の税制改革案 »