« 政府案、欠席多数で否決される | トップページ | パリオの試走で馬事故死 »

2011年7月 4日 (月)

政府の税制改革案

Tremontigiulio14062011_280xfree
政府の税制改革案が示された(7月1日、Corriere della Sera).

改革案によると、35歳の若者によって起業された会社は5年間、税率が5%減免される。

また、現在の付加価値税(消費税に相当)は、食品、本、雑誌などは4%、ホテル、バール、レストランは10%、自動車、パソコン、衣服は20%となっているが、徐々に見直していく。

個人所得税(Irpef, Imposta sul Reddito delle Persone Fisiche) は現在、

1万5000ユーロ以下 23%
1万5000ー2万8000ユーロ 27%
2万8000ー5万5000ユーロ 38%
5万5000ー7万5000ユーロ 41%
7万5000ユーロ以上    43%
となっているが、

これを整理して、20%、30%、40%の三段階に統合する。

|

« 政府案、欠席多数で否決される | トップページ | パリオの試走で馬事故死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/52099309

この記事へのトラックバック一覧です: 政府の税制改革案:

« 政府案、欠席多数で否決される | トップページ | パリオの試走で馬事故死 »