« TAVに激しい反対運動 | トップページ | ベルルスコーニ、モンダドーリに関する条項を削除 »

2011年7月 9日 (土)

モンダドーリの賠償に関する事件

20091016_210757_0fb3fec6_medium
財務に関する法案の中から、モンダドーリ社に関する賠償7億5000万ユーロを免除する条項が発覚し、問題となっている(7月5日、Corriere della Sera).

もともとモンダドーリ社の所有をめぐっては、カルロ・デ・ベネデッティとベルルスコーニの間で、《Guerra di Segrate》と呼ばれる戦いがあり、その一部が出版社モンダドーリをめぐるものだった。

1989年、モンダドーリ/フォルメントン家は、デ・ベネデッティとの連携関係を突如として断って、ベルルスコーニのフィニンヴェストに売却することを決定した。

2007年にこの移行に絡んで、判事が買収されていることが発覚した。彼が関わっていたローマ高裁ではデ・ベネデッティに有利な調停が破棄されていた。

2009年にミラノ裁判所は、フィニンヴェストは、デ・ベネデッティの CIR に対し、その機会損失に対して7億4995万5611ユーロを払わねばならないとする判決を下した。

|

« TAVに激しい反対運動 | トップページ | ベルルスコーニ、モンダドーリに関する条項を削除 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/52156134

この記事へのトラックバック一覧です: モンダドーリの賠償に関する事件:

« TAVに激しい反対運動 | トップページ | ベルルスコーニ、モンダドーリに関する条項を削除 »