« ベルルスコーニ、モンダドーリに関する条項を削除 | トップページ | 60歳以降の新たな人生 »

2011年7月11日 (月)

パウンドのカトリック性

Pound
詩人エズラ・パウンドのカトリックへの親近性を分析した本が出版された(7月7日, Corriere della Sera).

著者はアンドレア・コロンボ。Il Dio di Ezra Pound (エズラ・パウンドの神)というタイトルで、Edizioni Ares , 168ページ、14ユーロである。

彼によるとエズラ・パウンドは、カトリックの中の古い儀式性に惹かれていた。また、イエズス会士で中国に赴いたマテオ・リッチに大いに関心を抱いていた。

また、アッシジのサン・フランチェスコにも親近感を抱いていた。

パウンドは、銀行が高利をむさぼることを忌み嫌っており、その点からユダヤ系の銀行(家)を激しく非難している。著者コロンボによると、その敵意は人種的なものというよりも、神学的、理論的なものであるという。パウンドは、旧約の罰する神をきらい、新訳聖書の愛のメッセージと矛盾すると考えていたのである。

|

« ベルルスコーニ、モンダドーリに関する条項を削除 | トップページ | 60歳以降の新たな人生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/52156592

この記事へのトラックバック一覧です: パウンドのカトリック性:

« ベルルスコーニ、モンダドーリに関する条項を削除 | トップページ | 60歳以降の新たな人生 »