« 政府の税制改革案 | トップページ | イタリア年金改革の20年 »

2011年7月 5日 (火)

パリオの試走で馬事故死

2e75ae4a39cf25c42036cdc69f387c96
シエナのパリオの試走で馬が事故死した(7月2日、Corriere della Sera)

馬は、キオッチョラ地区の馬で、アルゼンチンのサッカー選手から名をとってメッシと名付けられた馬だった(馬は名前を付けかえることが、時々ある)。馬は6歳馬で、栗毛馬だった。

パリオはカンポ広場で走るため、カーブのきついサンマルティーノの角にこの馬は脇腹をぶつけ、しばらく後、死亡した。騎手はアントニオ・ヴィレッラ、通称ズガイバッレは、頭蓋骨損傷などで入院した。

この結果、パリオの規則にもとづき、キオッチョラ地区は、パリオの本番には参加できない。

|

« 政府の税制改革案 | トップページ | イタリア年金改革の20年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/52111427

この記事へのトラックバック一覧です: パリオの試走で馬事故死:

« 政府の税制改革案 | トップページ | イタリア年金改革の20年 »