« 決戦投票、投票率落ちる | トップページ | 首相:税を決定するのはトレモンティではない »

2011年6月 5日 (日)

中道右派、ミラノ市長、ナポリ市長選で敗れる

Demagistrisnapoli672
中道右派は、地方の首長選で敗北を喫した(5月31日、Corriere della Sera).

注目されたミラノ市長およびナポリ市長は、いずれも中道左派が勝利した。

ミラノは

ジュリアーノ・ピサピア 55,1%
レティツィア・モラッティ44,9%

ナポリは、

ルイージ・デ・マジストリス 65,4%
ジョヴァンニ・レッティエーリ34,6%

中道左派はこの他にカリアリ、トリエステ、ガッララーテで勝利を収めた。

ベルルスコーニ首相は、敗北を認めたが、「選挙民は神に祈るがよい、後悔するだろう」と述べた。

|

« 決戦投票、投票率落ちる | トップページ | 首相:税を決定するのはトレモンティではない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/51856162

この記事へのトラックバック一覧です: 中道右派、ミラノ市長、ナポリ市長選で敗れる:

« 決戦投票、投票率落ちる | トップページ | 首相:税を決定するのはトレモンティではない »