« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月30日 (木)

TAV の工事開始

Notavmanifestazione_3
マローニ内相は、イタリア北部を通過する高速鉄道の工事着工を6月30日までに開始すると宣言した(6月27日、Corriere della Sera).

この鉄道はポルトガルのリスボンからフランスのリヨンへ、そしてトリノを通り、ウクライナのキエフへと行く長い鉄道である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月29日 (水)

イタリア国鉄、切符の発行システムに不具合

Treniritardi_280xfree
イタリア国鉄の切符発行システムが数時間にわたりストップしてしまった(6月26日、Corriere della Sera).

インターネットのサイトだけでなく、自動券売機も、電話でも、窓口でも買えなくなってしまったのだ。

25日の午後2時半から午後9時まで、電車の切符が買えなくなってしまった。

ソフトウェアを担当していたのは、IBM だが、IBM はイタリア郵便局のシステム構築も担当したが、これまた6月に1週間にわたって不具合を起こしていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

ドラーギ、ヨーロッパ中央銀行総裁に

Draghiallabcesidellecofingliscoglip
マリオ・ドラーギがヨーロッパ中央銀行総裁になる(6月25日、Corriere della Sera).

フランスの反対を乗り越えるため、理事会にいたロレンツォ・ビーニ・ズマーギは、その地位を去り、フランス人にその座を明け渡す。

現在ドラーギが勤めをを果たしているイタリア銀行総裁には二人の候補者の名があがっている。一人は、ファブリツィオ・サッコマンニとヴィットリオ・グリッリである。

サッコマンニは、イタリア銀行の総局長(direttore generale) で、グリッリは財務省の総局長である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月27日 (月)

ナポリふたたびゴミで埋まる

Rifiutinapoliansa258
ナポリの市街地にはふたたびゴミがあふれている(6月24日、Corriere della Sera).

ナポリターノ大統領は、政府に対処するよう要請した。深刻な事態は、市長のデマジストリスも認めている。「市民の健康被害が出るおそれがある」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月26日 (日)

鉄道スピードアップ

20100223113329_trenofrecciarossa_1
高速鉄道がさらに早くなり、ミラノーローマ間は、2時間20分で結ばれるようになる(6月23日、Corriere della Sera).

このスピードアップは2015年からの予定である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

ベルルスコーニ内閣信任

7a8a417b6aab4111843229e7d2c9474c444
ベルルスコーニ内閣は、経済発展に関する法案で、317票の賛成票を得た(6月22日、Corriere della Sera).

下院での投票で、絶対多数を得た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月24日 (金)

P4の捜査

Bisignani
P4と呼ばれる組織の捜査が進んでいる(6月21日、Corriere della Sera).

ナポリ検察局は、P4と呼ばれる組織の捜査を進めている。入札や指名を得るために脅迫したりした疑いがもたれている。

その中核にいるとされる人物の一人がルイジ・ビジニャーニや与党の国会議員のアルフォンソ・パーパである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

ボッシ、ベルルスコーニを攻撃するも決裂はせず

Bossileganordansa258
北部同盟のリーダー、ウンベルト・ボッシはベルルスコーニを攻撃したが、決裂はしなかった(6月20日、Corriere della Sera).

しかし、2013年の総選挙をベルルスコーニと共に戦うかどうかは不明であるとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月22日 (水)

政府、北部同盟の一撃

Bossipontida140609ansa324
ポンティーダでの集会を控え、与党の北部同盟は、政府に注文をつけている(6月19日、Corriere della Sera).

ボッシは、省庁を北部に移動させることを主張し、マローニは、減税を主張している。

与党の中からの反逆に、ベルルスコーニはさすがに弱気になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月21日 (火)

アレーナ・ディ・ヴェローナ開幕

1210
ヴェローナのオペラ・シーズンがナポリターノ大統領を迎えて開幕した(6月18日、Corriere della Sera).

開幕の演目は『椿姫』。演出家ウーゴ・デ・アナのアイデアにより、舞台はまるで博物館のよう。巨大な絵画の中で歌手が歌っているといった構図になっている。

アレーナのオペラ89年の歴史で、『椿姫』で開幕したのは三度目。

指揮はカルロ・リッツィ。ヴィオレッタはアルバニア人のエルノメラ・ヤホ。アルフレードは、サルデーニャ出身のフランチェスコ・デムーロ。父ジェルモンは、ブルガリア人のヴラディミル・ストヤノフ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月20日 (月)

最も税金を払っている都市

Corriere_della_sera_irpef_2009_la_c
イタリアの県庁所在地で一人当たり最も税金を納めているのはミラノだった(6月17日、Corriere della Sera).

Irpef (個人所得税)の一人あたりの平均を比較すると

ミラノ  6357ユーロ
ベルガモ 5202ユーロ
モンツァ 5172ユーロ
パヴィア 5065ユーロ
シエナ  4781ユーロ
ボローニャ4778ユーロ
トレヴィーゾ4753ユーロ
パドヴァ 4536ユーロ
ヴァレーゼ4373ユーロ
ローマ  4350ユーロ

となっている。

市町村では、ミラノ県のバジリオが9774ユーロでイタリアで一番高額納税の街となっている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

マローニ、政府の行方は不透明

Maroni_pensa
マローニ内務大臣は、政府の行方は不透明だとの見解を明らかにした(6月16日、Corriere della Sera).

政府が倒れるかどうかを見通す水晶玉を持ってはいない、という表現で政府が倒れる可能性が否定できないことを示している。

北部同盟とトレモンティ経済大臣はトップ会談が行われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月17日 (金)

北部同盟支持者、2人に1人が投票

Th250x250_voto_referendum114552_img
先日の国民投票に、北部同盟支持者の2人に1人は投票に行った(6月15日、Corriere della Sera).

おおまかに言って、6人に1人は、ぎりぎりになって投票に行くことを決めた。しかし大部分の人は、1ヶ月かそれ以上前から、選挙戦が始まる前から国民投票に参加することを決めていたのだ。

6月12、13日の国民投票には、有権者の57%、2400万人が投票した。特に女性の投票率が高く、久しぶりに有効投票となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トゥリオ・デ・マウロ、兄の死への疑問

Palermoomicidiodelgiornalistamaurod
言語学者トゥリオ・デ・マウロが、パレルモ裁判所でくだされた兄マウロ・デ・マウロの殺人事件についての無罪判決への当惑を語っている(6月12日、Corriere della Sera).

トゥリオ・デ・マウロは、1932年生まれの世界的言語学者だが、兄マウロ・デ・マウロは10歳年上のジャーナリストで、パレルモで L'Ora という新聞の記者をしていた。

1970年9月16日に誘拐され、その日以来、行方が知れない。死体も見つかっていない。

パレルモ裁判所は、この件に関し、トト・リイナの関与を否定する判決をくだした。

トゥリオ・デ・マウロは、「(兄)マウロは、フランチェスコ・ロージがエンリコ・マッテイについての映画を制作するための素材を提供する仕事をしていた。そこで大きな過ちを犯した。彼は家族や友達に、大ニュースがあると言ってまわった。。。パレルモのような町ではとてつもない間違いだ。レオナルド・シャシャは、次のように要約している。彼は正しいことを間違った人に言った。マウロは熱くなる人で、オープンな性格だったんだ。とても。。。ナポリ人みたいな」。

トゥリオは、マウロ誘拐・殺害は、単なるマフィアの仕業ではないと考えている。ただし、トト・リイナは実行犯ではないにせよ、事情を知っていると考えられるので、刑務所に行って本人と向き合って、この件について質問してみたいと述べている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月16日 (木)

カミッレーリ、原発にノー

Andrea_camilleri
作家のアンドレア・カミッレーリは、国民投票で原発反対の投票をすると明らかにした(6月11日、Corriere della Sera).

モンタルバーノ警部もので有名な作家カミッレーリだが、海にはいかず国民投票に行くと表明した。

ベルルスコーニ首相は、投票に行かないと表明し、ナポリターノ大統領は行くと表明している。

また、カミッレーリが重視しているのは、原発に関する投票だ。彼は他の手段でエネルギー問題を解決すべきだと考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

スカラ座にデッラ・ヴァッレが資金

Dellavalle4
靴の Tod's の社主のディエゴ・デッラ・ヴァッレがスカラ座に資金提供することが決まった(6月10日、Corriere della Sera).

来年から Tod's がスカラ座のスポンサーの一つとなる。スカラ座への政府の補助金は、4000万ユーロから3000万ユーロ足らずへと削減されている。

数年前からスカラ座の予算は、公的なものよりも私的なものの割合が大きくなっているのだ。スカラ座総裁のリスナーによると、ヨーロッパの主要劇場では、公的資金が予算の60−65%を占めているのが通常で、残りをプライベートな資金が補っている。

パリのオペラ座は、70%が政府の補助金である。スカラ座は現在46%で、来年は44%に減少する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国民投票、Si の勝利、政府に痛手

Referendum_nucleare
イタリアの国民投票は、投票率が57%に達して有効投票となり、原発反対が95%にのぼった(6月14日、Corriere della Sera).

投票者の約95%が、水に関する法律、首相や大臣が刑事裁判の公判にでなくて良いという法律を無効にすることに賛成し、また原発再開ストップに賛成した。株式市場では再生可能なエネルギー関連株が上昇した。

棄権が多くなることを目指した政府や与党にとっては、先日の地方選挙に続く敗北となった。

民主党のリーダー、ベルサーニは、首相の辞任を求めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月14日 (火)

サッカー八百長問題、政府も動く

Panama
サッカーの八百長問題に関し、政府が動きだした(6月9日、Corriere della Sera).

賭けの比率が常識の範囲を逸脱しているものに関しては、試合の中止をも可能性の範囲に入れている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

国民投票、定足数まであと一歩

79683_0_cr_4
イタリアで日曜日と月曜日に実施されている国民投票は、日曜の22時時点で、投票率が41%に達した(6月13日、Corriere della Sera).

ヴェネト州では、約43%だった。

月曜日は、投票所は、7時から15時まで開いている。

過去の投票率を見ると、

1991年6月9日、10日の投票では、
 日曜日の22時 45,7%
 月曜の最終  62,5%

2005年6月12,13日の投票では
 日曜日の22時 18,6%
 月曜の最終   26%
であった。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

憲法裁判所、国民投票にゴーサイン

Nucleare
憲法裁判所の判事は全員一致で国民投票を認めた(6月8日、Corriere della Sera).

原発をめぐる国民投票が実施されることになった。憲法裁判所の判事13人の全員一致の結論である。

投票率が50%に達しない場合は、国民投票は投票自体が無効となる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月12日 (日)

モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行増資

F0d2eb3ad6c116c05de29a9f42dc5c77
モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は増資を決定した(6月7日、Corriere della Sera).

理事会で、24億ユーロの増資が決定した。頭取のジュゼッペ・ムッサーリによると、今月末までに市場で資金調達が開始される。

モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行の最大株主である Fondazione Montepaschi は、10億ユーロ以上を支払う予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月11日 (土)

サッカー八百長疑惑

Ascoliscommessecalcio_290x435
サッカーの八百長疑惑で、シエナ戦が捜査の対象となっている(6月6日、Corriere della Sera).

捜査をしているのは、クレモナの検察局。44人が捜査対象となっている。逮捕されたり、自宅拘禁となっているのは16人。

シエナ側は、いかなる不正にも関わっていないとの声明を出した。問題は、シエナーアタランタ戦である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

国民投票、有効投票となるか

Refe_b1
6月12,13日に実施される国民投票で、投票率が問題となっている(6月5日、Corriere della Sera).

得票率が50%未満であれば、国民投票自体が無効となるからだ。

今回の国民投票は4項目ある。最初の2つは水の問題について。3番目が原発の再開の是非。4番目が現職の首相その他の高位役職者を訴追できないようにすることの是非。

国民投票が有効となるためには2530万人の投票が必要である。最後に国民投票が成立したのは1995年6月11日のもので、この時には、テレビ局の認可およびRAIの民営化に関するものだった。それ以来、国民投票は投票率が規定に達しないため有効な投票となっていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

フィアット、クライスラー株52%取得

Obama_marchionne01g_2
フィアットとアメリカ政府は、フィアットがクライスラーの株式の6%をアメリカ政府から5億ドルで取得することに合意した(6月4日、Corriere della Sera).

フィアットはさらに98%まで株式を取得する権利を持っている。

現在のクライスラーの株主の比率は次の通り、

フィアット  52%
UAW(労働組合) 46,5%
カナダ政府   1,5%

UAWが保有している株式をFIAT に譲渡するかどうかは、今のところ未定である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 8日 (水)

エコノミークラスの座席

Img_0006_2
エコノミークラスの座席の間隔が問題となっている(6月3日、Corriere della Sera).

ユナイテッド・エアラインズのボーイング767では、乗客同士のいさかいに発展してしまい、パイロットは緊急着陸を余儀なくされた。

前後の座席の間隔は、ローコストのイージー・ジェットやライアン・エアーでは73,7cm、ブリティッシュ・エアウェイズ、ルフトハンザ、ユナイテッド・エアラインズ、エール・フランスでは、78,7cm、アリタリアは81,3cm、JALは83,8cmとなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 7日 (火)

原発に対する国民投票

Safe_imagephp
破毀院(最高裁)は、6月12,13日に国民投票を実施することを認めた(6月2日、Corriere della Sera).

最高裁は、Idv (価値あるイタリア党)と民主党の訴えを認めたことになる。イタリア国民は、原発への意思を6月12日、13日に表示することになる。

与党のPdlは自由投票の方針で、北部同盟は方針を示していない。

与党は、国民投票が一定の投票率(50%)に達して、有効となることをおそれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 6日 (月)

首相:税を決定するのはトレモンティではない

78375_1_390x300
トレモンティ経済相は、提案するのであって、決定するのではない、とベルルスコーニ首相は明言した(6月1日、Corriere della Sera).

ベルルスコーニのトレモンティに関する発言としては、いつになく厳しい内容となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 5日 (日)

中道右派、ミラノ市長、ナポリ市長選で敗れる

Demagistrisnapoli672
中道右派は、地方の首長選で敗北を喫した(5月31日、Corriere della Sera).

注目されたミラノ市長およびナポリ市長は、いずれも中道左派が勝利した。

ミラノは

ジュリアーノ・ピサピア 55,1%
レティツィア・モラッティ44,9%

ナポリは、

ルイージ・デ・マジストリス 65,4%
ジョヴァンニ・レッティエーリ34,6%

中道左派はこの他にカリアリ、トリエステ、ガッララーテで勝利を収めた。

ベルルスコーニ首相は、敗北を認めたが、「選挙民は神に祈るがよい、後悔するだろう」と述べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

決戦投票、投票率落ちる

Voto_2
地方選挙での決選投票は、投票率が第一回投票とくらべ6%以上低くなった(5月29日、Corriere della Sera).

88の市町村と6つの県で、決選投票が実施された。決戦投票で投票率が低下するのは、1993年以来、繰り返して見られる現象である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 3日 (金)

マルティーニ枢機卿、ジョヴァンニ・パオロ2世を語る

13744073_ilbeatokarolsaleaglialtari
マルティーニ枢機卿が、ジョヴァンニ・パオロ2世について語った(5月29日、Corriere della Sera).

マルティーニ枢機卿はカロル・ヴォイティワ(のちのジョヴァンニ・パオロ2世)を個人的に1970年代から知っていた。

マルティーニ枢機卿は、ジョヴァンニ・パオロ2世は、詩人、哲学者でかつ行動の人、神秘的で瞑想的な人だと評している。

彼と考えが合わないことも、ままあったと認めている。たとえば、マルティーニは、聖人や福者をどんどん増やすことに賛成ではなかったが、彼の中に聖霊の働きをみとめ尊敬したと言っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

元イタリア銀行総裁ファツィオに有罪判決

Thumb250700_dettaglio2_faziofiora_2
元イタリア銀行総裁のファビオ・ファツィオに有罪判決が下った(5月29日、Corriere della Sera).

これは2005年5月に捜査が開始された事件で、Banca Popolare di Lodi (ローディ人民銀行)による Banca Antonveneta (アントンヴェネタ銀行)の株式の買い占めをめぐるものだった。

当時のイタリア銀行総裁はファビオ・ファツィオであったが、その寵愛めでたいのがローディ銀行のフィオラーニで彼がアントンヴェネタ銀行株買い占めをとりしきっていた。

フィオラーニ、ニュッティおよびローディの21人が Abn アムロ銀行によるアントンヴェネタ銀行株の買い占めに対抗して、同行株をかき集めたとされている。

結局、同年12月19日、ファツィオは辞任に追い込まれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水)

レバノンでイタリア兵負傷

Itlaiani_1306556108
レバノンでイタリア兵が6名負傷した(5月28日, Corriere della Sera).

国連軍に参加していたイタリア兵は、レバノンで攻撃され、2名が重傷を負ったが、生命の危険はない。

隊列を組んで移動中の車列に道路沿いにしかけられた爆弾が炸裂した。人数は不明だが、レバノンの市民も巻き込まれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »