« 《はじめての大切なもの》 | トップページ | ジョヴァンニ・パオロ2世、福者に列せられる »

2011年5月 4日 (水)

《ぼくたちの生活》

Works03_photo
ダニエーレ・ルケッティ監督の《ぼくたちの生活》を観た(有楽町・朝日ホール)。

建築現場で働くクラウディオ(エリオ・ジェルマーノ)は、二人の子供、美しい妻(イザベッラ・ラゴネーゼ)に囲まれ幸せそのものように見えたが、三人目の出産で...

クラウディオは、妻を失った後、その欠落を埋めようとするかのように仕事上で野心を示すが、それは見事に裏目に出る。

クラウディオの職場や住居には移民が多い。彼らとの交流および兄弟姉妹間の絆が示される映画である。

|

« 《はじめての大切なもの》 | トップページ | ジョヴァンニ・パオロ2世、福者に列せられる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/51577498

この記事へのトラックバック一覧です: 《ぼくたちの生活》:

« 《はじめての大切なもの》 | トップページ | ジョヴァンニ・パオロ2世、福者に列せられる »