« イタリア政府、原子力発電推進を断念 | トップページ | 教皇、質問に答える »

2011年4月26日 (火)

ドラーギ、景気回復の遅さを懸念

Draghinientepitassesonounfrenoallar
イタリア銀行総裁マリオ・ドラーギは、イタリアが他国より景気回復が遅いことを懸念している(4月22日、Corriere della Sera).

過去3年で、イタリアは累積赤字がGDP比率で15ポイント上昇している。また、若者にとって希望が乏しいことも指摘している。

経済相のトレモンティはより楽天的な見解をしめしている。

Confindustria のエンマ・マルチェガリアは、ドラーギと同意見で、2014年になってやっと2007年なみの生産になるのでは遅すぎるとしている。

|

« イタリア政府、原子力発電推進を断念 | トップページ | 教皇、質問に答える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/51475580

この記事へのトラックバック一覧です: ドラーギ、景気回復の遅さを懸念:

« イタリア政府、原子力発電推進を断念 | トップページ | 教皇、質問に答える »