« ピエトロ・フェッレーロ、南アフリカで死去 | トップページ | イタリア政府、原子力発電推進を断念 »

2011年4月25日 (月)

カヴールの告解をした修道士

Cavour01g
カヴールの死の直前に、告解をほどこした修道士の手紙が公開された(4月20日、Corriere della Sera).

1861年6月に、カヴールはフランチェスコ会のジャーコモ・ダ・ポイリーノにより告解を受けた。カヴールは、教皇領のイタリアへの併合に際して、破門されていたのだが。

この教皇ピオ9世の措置によって、カヴールは公的な撤回がない限り、秘蹟は受けられないはずであった。しかし修道士ジャーコモはそれを求めずに告解をほどこしたので、教皇庁から説明をもとめられた。

この時、修道士ジャーコモがピオ9世に書いた手紙が最近発見され、教皇庁の新聞オッセルヴァトーレ・ロマーノに掲載された。

修道士ジャーコモは聖務停止の措置をうけ、それが許されたのは1882年であった。修道士ジャーコモが自らの過ちをみとめ、新たな教皇レオーネ13世から許しを得たのだった。

|

« ピエトロ・フェッレーロ、南アフリカで死去 | トップページ | イタリア政府、原子力発電推進を断念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/51454571

この記事へのトラックバック一覧です: カヴールの告解をした修道士:

« ピエトロ・フェッレーロ、南アフリカで死去 | トップページ | イタリア政府、原子力発電推進を断念 »