« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月30日 (土)

北部同盟、リビア爆撃に反対

08220716233d1d0ad2d984af180d60e33be
北部同盟のリーダー、ウンベルト・ボッシは、リビア爆撃に反対している(4月27日、Corriere della Sera).

ベルルスコーニ首相は、ボッシと長時間電話した。首相は、ボッシとの間の行き違いはすぐに解決するだろうと述べている。

しかし与党Pdlと北部同盟の関係は、決裂寸前との見方も拡がっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

イタリアもリビア爆撃に参加

Berlusconigheddafi_2
ベルルスコーニ政権は、リビア爆撃に参加することを表明した(4月26日、Corriere della Sera).

イタリアはNATOの要請を受け容れることになった。ベルルスコーニ首相は、アメリカのオバマ大統領に対し電話で明らかにした。

オバマ大統領は、謝意を表明した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月28日 (木)

イタリア人、支持政党流動化

Camera_big180x140
有権者の40%が早期の選挙をのぞんでいる(4月24日、Corriere della Sera).

しかし誰にいれるか、決めていない人も増加している。4月6,7日に、実施した世論調査。

選挙があったら誰にいれるか判らない
2月   26,9%
3月   30,6%
現在   33,8%

棄権か白票を入れる
2月   9,9%
3月  16,9%
現在  14,6%

両者の合計
2月  36,8%
3月  47,5%
現在  48,4%

早期に選挙をすべきとする人は、
2月  30%
3月  35%
現在  39%

となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月27日 (水)

教皇、質問に答える

Papa_2
ローマ教皇ベネデット16世は、テレビでカテキスタとして信者の質問に答えた(4月23日、Corriere della Sera).

7つの質問に答える様子がRAI1で放映された。そのの第一番目は、日本のエレナちゃんという7歳の女の子の地震の恐怖についての質問だった。教皇は、率直になぜあなたがたがこれほど苦しまなければならないのか判らないと答えている。しかし神はあなたがたの側にいる、と何度も強調している。

第二問目は、息子が植物状態になっている母親からの質問。意識はないのだが、彼の魂は彼のそばにいるのだろうか? 教皇の答えは、魂はかれの肉体の中にある。状況は、おそらく、コードの切れてしまったギターのようなもので。音がでなくなっているのである。人間の肉体も同様にもろいもので、魂は音を(声を)発することはできないが、そこに存在している。

第三問は、バグダッドのキリスト教徒が迫害されているが、他国に逃げるだけが唯一の解決方法ではないとどう同胞に伝えたらよいのだろうか。教皇は、イラクのキリスト教徒のために毎日祈っていると答え、また教皇庁は、イラクのカトリックのコミュニティーだけでなく他の宗派のキリスト教コミュニティー、さらにはイスラム教のシーア派、スンニ派とも接触して、助けられるように全力を尽くしているとしている。

第四問は、象牙海岸からの質問で、以前は、キリスト教徒とイスラム教徒が平和に共存していたが、今は分裂して、死者が多数にのぼっている。どうしたらよいのでしょうか? 教皇は、われわれはこんなにも少しのことしか出来ないことが悲しいと答えている。暴力をすて平和な手段で相手と語る、それがイエスのメッセージだとしている。

第五問は、イエスは、死と復活の間に何をしていたか?あの世に行っていたという説もあるが?徒の質問には、旅といっても魂の旅なので、肉体の旅と混同してはならないとしている。

第六問は、なぜイエスが復活した時、女たちや弟子たちはイエスをその人と認識できなかったのか?イエスの場合、一度死んで、新たな条件となり、それはわれわれの知り得ない状態であるが、新しい生命を得たのだと考えられる。つまり、神が栄光の肉体を与えたのである、としている。

第七問は、マリアに関して。十字架の下で、聖母マリアとジョヴァンニ(ヨハネ)がいる。イエスは、マリアに「ほらあなたの息子です」といい、ジョヴァンニには、「ほらあなたの母親だ」という。これをどう解釈するか? 非常に人間的な行為である。母への愛と、母を若者にゆだねるということだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月26日 (火)

ドラーギ、景気回復の遅さを懸念

Draghinientepitassesonounfrenoallar
イタリア銀行総裁マリオ・ドラーギは、イタリアが他国より景気回復が遅いことを懸念している(4月22日、Corriere della Sera).

過去3年で、イタリアは累積赤字がGDP比率で15ポイント上昇している。また、若者にとって希望が乏しいことも指摘している。

経済相のトレモンティはより楽天的な見解をしめしている。

Confindustria のエンマ・マルチェガリアは、ドラーギと同意見で、2014年になってやっと2007年なみの生産になるのでは遅すぎるとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月25日 (月)

イタリア政府、原子力発電推進を断念

Nucleare_web400x300
イタリア政府は、原子力発電の推進をストップした(4月20日、Corriere della Sera).

この決定により、原子力発電推進に関する国民投票も中止される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カヴールの告解をした修道士

Cavour01g
カヴールの死の直前に、告解をほどこした修道士の手紙が公開された(4月20日、Corriere della Sera).

1861年6月に、カヴールはフランチェスコ会のジャーコモ・ダ・ポイリーノにより告解を受けた。カヴールは、教皇領のイタリアへの併合に際して、破門されていたのだが。

この教皇ピオ9世の措置によって、カヴールは公的な撤回がない限り、秘蹟は受けられないはずであった。しかし修道士ジャーコモはそれを求めずに告解をほどこしたので、教皇庁から説明をもとめられた。

この時、修道士ジャーコモがピオ9世に書いた手紙が最近発見され、教皇庁の新聞オッセルヴァトーレ・ロマーノに掲載された。

修道士ジャーコモは聖務停止の措置をうけ、それが許されたのは1882年であった。修道士ジャーコモが自らの過ちをみとめ、新たな教皇レオーネ13世から許しを得たのだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月24日 (日)

ピエトロ・フェッレーロ、南アフリカで死去

Pietroferreroagf_324
ピエトロ・フェッレーロが南アフリカで亡くなった(4月19日、Corriere della Sera).

ヌテッラの最高責任者ピエトロ・フェッレーロは、自転車が大好きで、南アフリカで自転車に乗っている時に突然倒れ、亡くなった。

子供が3人いるが、4歳、3歳、1歳半の幼子であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月23日 (土)

イタリア女性の自己評価

Ss_fan2007175
女性誌 elle の企画で、Istituto Piepoli がイタリア女性に調査を実施した(4月18日、Corriere della Sera).

調査対象は、1500人の女性で、年齢は20歳から50歳。

今日の女性は、自分の喜びのために美容のケアをする(61%)であって、男を満足させるため(10%)ではない。

より美しくなるために何をしてみたいか?との問いには、

個人トレーナーをつける 30%
洋服にお金をかける   17%
美容品にお金をかける  15%
ピーリング、レーザー、しわ取り注射など
            13%
身体や顔への外科的手術 10%
その他         9%
なし、自分に満足    6%

女性の身体のマスメディアでの扱いについては、

品位を落としている  54%
嫌な感じ       47%
不満を引き起こす   38%

となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月22日 (金)

聖週間

8il_rosario
カトリック教徒に対し、ふだん教会に行かない人でも最低すべきことの規定が紹介されている(4月21日、Corriere della Sera).

1世紀ほど前のピオ10世のときに5つのことが決められた。

1つは、1年に一回は、告解(懺悔)をすること。もう1つは、復活祭の際には、聖体拝受をすること。

また、聖金曜日には、肉を食べない。聖金曜日は、イエスの十字架上の受難を記念する日であり、その前日の聖木曜日は、最後の晩餐(イエスとその弟子の食事)を記念する日である。

聖金曜日と聖土曜日の儀式は、ミラノのアンブロジャーナ(アンブロシウス式)と、ローマ式では少し異なっている。

アンブロジャーナでは、木曜の夕方に聖体拝受をし、復活祭の前夜に再び聖体拝受をする。その間は、聖体拝受なしの儀式となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖階段、修復が必要

Scalasanta
ローマの聖階段が、修復が必要な状態になっている(4月17日、Corriere della Sera).

ローマのサンジョヴァンニ・ラテラノ広場にある聖階段には、毎年200万人以上の人が訪れ、サン・ピエトロ寺院、ヴァティカンにつぐ巡礼地となっている。

その大部分の人は古来の習慣にならって、ひざまづいて28段の大理石の階段(1721年に摩耗を防ぐために木で覆われている)を登り、中世の礼拝堂に達する。そこには1277年から1279年に描かれたフレスコ画がある。

キリスト教の伝説によると、この階段は、イェルサレムからローマへ紀元326年に運ばれた。命じたのはコンスタンティヌス帝の母サンテレナである。この階段は、ピラト総督の家にあったもので、したがって、イエスも死刑判決がくだった日に通ったとされる。

今修復が必要なのは、1500年代のフレスコ画である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月21日 (木)

ベルルスコーニ首相:リビアの空爆はせず

Gheddafi02g
ベルルスコーニ首相は、イタリアはリビアを爆撃しない方針を明らかにした(4月16日、Corriere della Sera).

外国へのイタリア軍派遣を見直す方針。一方、オバマ大統領、キャメロン首相、サルコジ大統領は、カダフィ大佐退陣なしのリビアの将来は考えられないとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年4月20日 (水)

司法改革に司教らが抗議

Images5
イタリアの司教たちは、イタリア政府が進めようとしている司法改革に異議を唱えている(4月15日、Corriere della Sera).

異議を唱える理由は、この改革が首相を個人的に救済する色合いが濃いからである。司法官らの主張によると、この法案が通れば、約15,000件の案件がお蔵入りとなる。その中にはミルズの案件もあり、そこではベルルスコーニ首相も被告人の一人となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月19日 (火)

ベルルスコーニの後継者はアルファーノ

Berlusconialfanocamera_280xfree
ベルルスコーニ首相は、自らの後継者としてアルファーノ法相を指名した(4月14日、Corriere della Sera).

2013年の次期選挙には、ベルルスコーニ首相は、立候補はするかもしれないが、Pdl の首相候補にはならないつもりだと言明した。

アンジェリーノ・アルファーノを自らの後継者としている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月18日 (月)

フィアットのクライスラー持ち分、30%に

Marchionnefiatsaleal25dichrysler1
フィアットは、クライスラーの持ち分を現在の25%から30%に上げると発表した(4月13日、Corriere della Sera).

フィアットによると、数日中に実現する見込み。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月17日 (日)

シエナ銀行の増資

Monte_dei_paschi
シエナのモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ銀行は増資することを理事会で決定した(4月12日、Corriere della Sera).

現時点での主要株主は、Fondazione Monte dei Paschi が55,59%、Jp Morgan が4,65%、Francesco Gaetano Caltagirone が3,92%、Axa が2%となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月16日 (土)

一時的滞在許可証では、シェンゲン協定に関しては無効

20110411_33076
イタリア政府が北アフリカから押し寄せる移民に対して付与する6ヶ月間有効の一時的滞在許可証は、シェンゲン協定に対しては無効だとの考えがEUから示された(4月11日、Corriere della Sera).

イタリア政府がチュニジア人に一時的滞在許可証を与えても、それでイタリアからフランス、ドイツ、EU諸国へは移動出来ないということである。

この通告は、8日にブリュッセルから来た。

この知らせは、フランスとドイツをほっとさせたようである。しかしチュニジアの移民問題が解決したわけではないので、EU27カ国の内相が会談する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月15日 (金)

カヴールの恋文

9788877685742g
カヴールの晩年のラブレターが出版された(4月10日、Corriere della Sera).

タイトルは、Amami e credimi. Lettere a Bianca Ronzani (1856-1861) (Archinto, 96ページ、13 ユーロ)。

カミッロ・ベンソ・コンテ・ディ・カヴールは、女性との交際も盛んだった。その中でも特に2人が特筆すべき存在である。一人は、若い時の恋人で、アンナ・ジュスティニアニといい、ジェノヴァの愛国者で、スキアッフィーノ侯爵夫人であったが、若きカヴールとの関係を続けられないことを悲しみ30歳で自殺してしまった。

長じてからの恋人はビアンカ・ロンツァーニ。彼女も人妻である。カヴールから送られた手紙は56通。二人の関係は1856年に始まり、1861年の彼の死によって閉じられた。5年間の密会である。彼女は、これまでの恋人のように貴婦人ではなくバレリーナであった。夫もバレリーノであった。

彼女は、解説者のルーチョ・ヴィッラリによると、黒髪で、ギリシア鼻で、歯小さく白く、年は28歳であったが、20歳〜22歳に見えた。

カヴールの死とともに彼の日記とビアンカの送った手紙は消えた。その後1894年にヴィーンで24通のカヴールのラブレターが出現したが、カヴールの秘書だったニグラが国王に相談して買い取り(当時で1000リラ)、焼いてしまった。

ビアンカは、その後、カヴールから送られた屋敷を売り、パリに行ったがそこで貧困のうちになくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月14日 (木)

末期患者の手術、禁止に

Medici_
イタリアの破毀院(最高裁)は、末期患者に対して手術をしてはならないという判決を下した(4月9日、Corriere della Sera).

具体的には、2001年にある女性(44歳)が、膵臓がんの末期で、転移のため手のつけようのない状態であった。

患者は卵巣および癌の一部摘出手術のあと数時間後に亡くなった。蘇生のため胸骨と肋骨2本が折られた。

この処置に対し、医師らは訴えられた。破毀院は、たとえ患者の同意があっても、末期にあって手術をすることは許されないという判決をくだしたのである。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011年4月13日 (水)

ヴェネツィア・カフォスカリ大からのヴィデオ・メッセージ

http://www.youtube.com/watch?v=Lg_VBzTJjNA
http://www.youtube.com/watch?v=iAF12xWM-DM

日本の震災に対して、ヴェネツィア・カフォスカリ大からヴィデオ・メッセージが管理人に送られてきたのでご紹介します。youtube です。

ヴェネツィアのカ・フォスカリ大は、日本の震災によせて、チャリティーショーやシンポジウムを含む様々な行事を4月10日、11日に催した。

シンポジウムは学長自らが主催し、在イタリア日本大使が出席、在日本イタリア大使はヴィデオ会議方式で出席というもので、日本であの地震を経験したカ・フォスカリ大の教員、学生もコメントを加えた。

ヴィデオの中には、折り紙や居合い、剣道のデモンストレーション、コスプレした学生たちの日本へのメッセージがあり、彼ら、彼女から連帯の心意気と元気がもらえるものとなっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ユーロ圏、公定歩合1、25%へ

Agf_8636028_52330
ヨーロッパ中央銀行は、公定歩合を0、25ポイントあげて1、25%とすることを決定した(4月8日、Corriere della Sera).

公定歩合上昇は約3年振りのこと。この措置は、インフレ予防のためとされている。現在のインフレ率は、年率にして2、6%に達している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月12日 (火)

大統領、アクィラ訪問

Napolitanohaisentito1
ジョルジョ・ナポリターノ大統領は、アクィラを訪問した(4月7日、Corriere della Sera).

アクィラは2009年4月6日に、強い地震におそわれ、309人が犠牲となった。

大統領臨席のミサで、犠牲者の名前が一人ずつ読み上げられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月11日 (月)

パリオ、ユネスコの無形文化遺産候補からはずれる

Palio_b1180x140
シエナのパリオは、ユネスコの無形文化遺産の候補から外れることになった(4月6日、Corriere della Sera).

手続きは、外務省、観光省、文化財省と農林省からなる委員会で決められた。

「少なくとも今年は、シエナのパリオは候補のリストには載らない」。この決定に満足なのは、観光相のミケーラ・ヴィットリア・ブランビッラ。

ユネスコにイタリアが推薦している10の文化遺産がある。

1.ナポリのピッツァとナポリのピザ職人の技

2.パンテッレリア島でのズィビッボ(マスカット種の食卓用ブドウ)の栽培

3.クレモナの弦楽器製造

4.大がかりな仕掛けを使うお祭り(Festa dei Gigli di Nola, la Varia di Palmi, la Faradda dei Candelieri di Sassari, la Macchina di Santa Rosa a Viterbo).

5. アッシージの5月1日の祭り

6.ヴィアレッジョのカーニヴァル

7.アレッサンドリア・デル・カッレットのお祭り

8.サッサリのラウネッダス(笛)の伝統

9.グッビオの大蝋燭祭り

10.サンマルコ・イン・ラミスのフラッキエ祭り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月10日 (日)

アルツハイマーのワクチンの治験始まる

Vaccino_influenza
アルツハイマー病に対するワクチンの治験が開始される(4月5日、Corriere della Sera).

髄液を用いた早期診断を利用してのものだが、世界で60の研究所で治験が開始され、そのうち
4カ所がイタリアであり、ミラノのサン・ラッファエーレ病院が含まれている。

サン・ラッファエーレ病院の神経医学分野の部長ジャンカルロ・コーミは、アルツハイマー病や多発性硬化症に関して楽観的な見通しを持っている。「われわれはついに病気の急所をたたく治療法を手にいれつつある」。

現在の診断法よりもずっと早期に発見できるとのことだ。アルツハイマー病の場合、ベータ・アミロイドの集積をブロックする必要がある。今回のワクチンは、ベータ・アミロイドに対するものだが、現在の段階では脳炎を引き起こす危険性がある。

「細胞の炎症を引き起こさないようなワクチンを選び出す必要がある」とコーミ。

同時に、アルツハイマーに関する遺伝的な調査も実施されている。1万9000人の患者と3万2000人の健常者を対象とし、5つの遺伝子を特定している。

また、ボローニャ大学のフェデリーコ・リカストロらによると、アルツハイマー病が、ヘルペスの仲間のヴィールスで引き起こされている可能性があるという。

アルツハイマー病は、85歳までに女性で5人に1人、男性で10人に1人がかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

ロッシ、ストーナーを巻き込む

Valentinostonercadutajerez2011
ヴァレンティーノ・ロッシは、スペイン・グランプリで走行中、転倒し、ケーシー・ストーナーを巻き込んでしまった(4月4日、Corriere della Sera).

ストーナーが2位走行中、内側からロッシが追い越そうとしたが、車体がすべり転倒してしまった。その際に、ストーナーを巻き込み、ストーナーも転倒。

結局、ストーナーはリタイアとなったが、ロッシはレースに戻り5位となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 8日 (金)

南部からみたリソルジメント

3346768イタリアのリソルジメントを南から見た著作が出版された(4月3日、Corriere della Sera).

著者は Achille Cutrera で彼の一族はもともとはシチリア出身。タイトルは、Verso l'Italia unita (統一イタリアへ向かって)(Giuffre', 317ページ、35ユーロ)。

彼の曾祖父や祖父、大叔父たちのリソルジメントが描かれている。

彼によるとシチリアには、フランス革命が始まる1781年に、ブルボン朝のフェルディナンド4世が、副王としてドメニコ・カラッチョロを任命した時に、自由主義が入ってきたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 7日 (木)

フランス首相、イタリアの移民政策を認める

Francois_fillon300x205 フランスのフィヨン首相は、移民政策に関し、イタリアと協調していく方針を認めた(4月2日、Corriere della Sera).

コッリエーレ紙とのインタビューに応じたもので、フランスは、チュニジアから来た移民を国境の町 Ventimiglia で追い返している。

北アフリカで起こった革命から生じた移民の波に、一国単位では応じきれない、EUとして取り組むべきだ、というのがフランスとイタリアに共通した認識である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 6日 (水)

ジェルミーニ:来年は教員を大量採用

Gelminifazio1 ジェルミーニ教育大臣は、来年度、パートタイムの教員を正規雇用の教員として雇用できる予算措置をトレモンティ経済相に求めた(4月1日、Corriere della Sera).

長年パートタイムで雇用されてきた教員たちが起こした訴訟で、ジェノヴァの法廷では、EUの規定により、期限付きの契約は最大限3年までであるとして、教員側への賠償を認めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 5日 (火)

ナポリターノ大統領訪米

Napolitano_in_usa 訪米中のナポリターノ大統領は、ニューヨーク大学で講演した(3月31日、Corriere della Sera).

ニューヨーク大のジョゼフ・ワイラー教授の質問に答えて、大統領の好みが明らかになった。

好きな作家は、トマス・マン。

好きな食べ物は、スパゲッティで、どんなソースでも良いが、選ばねばならないとしたらトマトとバジリコ。

好きな劇作家は、イプセンとチェーホフで、好きな詩人は、『烏賊の骨』のエウジェニオ・モンターレ。

好きな作曲家は、モーツァルト、ショパンとバルトーク。

好きなサッカーチームはとの問いにはほほ笑むだけで答えなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 4日 (月)

チュニジアに難民を送還

Runoatru 政府はランペドゥーサ島にいるチュニジア人の送還を準備している(3月30日、Corriere della Sera).

ランペドゥーサ島では、三分の一が食糧もない。30日には首相とマローニ内相が訪問する予定だ。

与党は難民に移民に関して意見が割れている。ボッシは、移民を各州に配分する案に反対している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 3日 (日)

福島原発をめぐる質疑応答

Centr180x140
福島原発をめぐる質疑応答が紹介されている(3月29日、Corriere della Sera).

質問 放射能はヨーロッパにとっても脅威であるか?

回答:放射線のレベルは、まったく問題ない、とENEAのステファノ・モンティ。今日では、非常に微量な放射線をも検知できるシステムが存在している。たとえば、どこかの国が秘密裡に核実験をしてもそれを明らかにすることができるようになっている。だから、放射線医学的にみて全く問題にならない料でも、検知して分析することができる。

質問 レベル6というのはチェルノブイリと同様なのか?

回答:原子力事故の1から7まで分類されている(チェルノブイリは7)。放射能が、発電所やその周辺地域に限定されている事実に基づけば、福島原発はレベル5であるべきだ。いくつかの国際機関は6に分類しているけれども。重大な事故ではあるが、チェルノブイリからは遠い。現在のところ、住民に重大な放射能の影響がでる状態ではない。

質問 危険を押さえ込むにはどうしたらよいのか?

回答 ここ数日の最重要な課題は、電源を回復させることだ。炉心に関しては、自然を用いた方法でも冷却することが可能だ。肝心なのは、炉心の温度を一定以下にしておくことだ。ここ数日は、新たな爆発は起こっておらず、それは良い徴候だ。

質問 原子炉の爆発は何を引き起こしたのか?

回答 原子炉は、セメントの格納容器(gabbia)で保護されていて、事故の際にも、放射性物質を閉じ込める仕組みになっている。福島原発では3回爆発があった。1号機と3号機では、外から入った水素により、格納容器と建屋の間で爆発が生じたが、格納容器はそのままで、放射性物質は中に入ったままである。それに対し、2号機では水素が入りこみ、爆発が内部でおこり、格納容器に損傷を来したおそれがある。

質問:現在の出力はどのレベルか?

回答:現在、福島の原子炉は、本来の出力の0,5%になっている。無視できない数値ではあるが、作動している原子炉からはほど遠い。これが日本の状況とチェルノブイリを分ける点でもある。チェルノブイリの場合、出力が最大の時点で、爆発が生じた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 2日 (土)

ボッキーノとカルファーニャ

Italobocchinomaracarfagna_225x225
イタロ・ボッキーノは、マーラ・カルファーニャとの関係を妻に謝罪した(3月28日、Corriere della Sera).

ボッキーノの妻、ガブリエッラ・ブォンテンポ(44歳)は、雑誌ヴァニティ・フェアに対し、夫とカルファーニャの関係は、2年半前から知っていたと明言した。イタロは関係は断ち切ったと主張している。

カルファーニャは、男女機会均等担当大臣。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年4月 1日 (金)

イタリア外相:すべての部族と対話を

1809553879ministrodegliesterifranco
イタリアのフラッティーニ外相は、リビアの反政府勢力として、すべての部族と対話すべきだという方針を打ち出した(3月27日、Corriere della Sera).

国際社会が対話すべきは、キレナイカに形成された会議だけではなく、リビアの部族代表も含めるべきだとしている。また、早期の停戦もイタリアは主張している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »