« 夏時間 | トップページ | 対リビア戦の各国の立場の相違 »

2011年3月29日 (火)

イタリア政府、原子力発電「一年間、間をおこう」

Nucleareinitaliailgovernofrena
パオロ・ロマーニ大臣は、日本での原子力発電所の事故を受けて、一年間反省期間を置こうと述べた(3月23日、Corriere della Sera).

イタリアが原子力発電の導入を決めたのは1955年のジュネーヴでの会議。

1963年に初の発電所をラティーナに建設した。160メガワットで、当時はヨーロッパで最大規模のものだった。

1987年には、86年のチェルノブイリ事故をうけて、国民投票を実施し、原子力発電をやめた。

2008年、ガスや石油の価格上昇をうけ、政府は原子力発電の再開方針を決めた。10の発電所を作り、需要の25%をまかなう予定である。

|

« 夏時間 | トップページ | 対リビア戦の各国の立場の相違 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/51233001

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア政府、原子力発電「一年間、間をおこう」:

« 夏時間 | トップページ | 対リビア戦の各国の立場の相違 »