« ローマのカンポ・ロムで火災、子供4人死亡 | トップページ | 3月17日は働くか、祭日か »

2011年2月11日 (金)

教師とフェイスブック

Facebook 教師がフェイスブックを通じて友達になることの是非が話題となっている(2月8日、Corriere della Sera).

il portale skuola.net の調査(約1000人が対象)によると、「同い年の人以外にフェイスブックで誰を友達として登録していますか」との問いに、8%が「先生」と答えている。

フランスの左派系の新聞リベラシオンが問題提起をした。子供たちの興味をかきたてることになるのか、それとも役割の混乱を来すのかという問題である。

教師は生徒の身近な存在でなければならないが、友達になってしまうのは間違いだと考える人もいる。

ローマの理系高校のカテリーナ・グリマルディ先生は、フェイスブック上でファンクラブまで出来ているが本人は見ないという。

|

« ローマのカンポ・ロムで火災、子供4人死亡 | トップページ | 3月17日は働くか、祭日か »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144339/50814451

この記事へのトラックバック一覧です: 教師とフェイスブック:

« ローマのカンポ・ロムで火災、子供4人死亡 | トップページ | 3月17日は働くか、祭日か »